着せ替え人形をつくってみた(10/25)

……。

何故こんなことをしてしまったかというと、多分締め切り明けに何か楽しいことをしたかったからだと思うんだよな。あと全然違う必要性から「アバター」なるものをいじってみたいと思いついて実際にいじってはみたが、なんかあんまりかわいくない、リアルにブサい顔とかにできれば面白いのにそんなこともなく中途半端にかわいくない。っていうかこれ要するに着せ替えじゃん? 着せ替えだったら俺がつくったほうが早いじゃん? みたいなアレでアレがああなってアレなんだよホラ。

このようにヅラも変えることができます。
しかし我に返ると机の上に紙の人形が立っていることにひるむ! 超ひるむ!
あと、工作スキルが小学校時代からほとんど変わらないことにもひるむ!
実は着せ替え人形をつくるのは初めてではありません。
小学生の頃、市販の着せ替えをかってもらえなかった私は、
せこせこオリジナル着せ替えを手作りしていました。
思い返せば、あの頃はばかみたいに工作をしたものです……
家に来る度に「おみやげだよ!」と大量の白い厚紙をくれる親戚がいて、
親に何を買ってもらえなくても白い厚紙だけは使い放題でした。
そして当時の私の、究極の手作りアイテムがこれ……

※復刻版(今10分で作った・資料なし)
あああああああ!
こんなん子どもがつくってんの見たら
買ってやるよなゲームボーイ!! 親として!
だいたいこのマリオ飛ばないじゃん、最初のクリボーに当たるじゃん!!
AボタンとBボタンが逆なのは、復刻じゃなくて素で間違えました。
すいません。
とにかく俺の小学校時代は工作ライフだったんだよ!
でも「のり」と「定規」を使うのが面倒だったために
フリーハンド&セロテープで超アバウトな作品ばかり作り、
いつまで経ってもスキルが上がることはなかった、と。
この着せ替えも、実物はデジカメ画像よりさらにしょぼいです。
今後どうするかは考え中。
忘れてた。オリジナル工作は捨てる時切ないんだった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バナナワニ園レポート2回目、アップしました。(↓)
溜め書きですが、まだまだ続きます。