幻冬舍の新しい読み物&電子書籍サイト「幻冬舍plus」のとくちょう(11/12)

こんばんは。豊島ミホです。
珍しく別マじゃない宣伝だよー!
幻冬舍さんの新しいウェブサイト
「幻冬舍plus」が本日始動しています。
今まで、Web上の「ウェブマガジン幻冬舍」と
書店配布のPR誌「星星峡」で
連載されていたコンテンツをそのまま引っ越しているので
とにかくすでに記事数が豊富! そして内容も充実しています(キリッ
(ぜんぜん自分の手柄じゃないのにキリッ
個人的いちおしは会田誠さんの連載エッセイ
濃かれ薄かれ、みんな生えてんだよなぁ……
です。
私と会田さん。をつなぐ線が薄すぎて
(実は7月の記事で触れていたりもする、という程度)、
なんかもう私が宣伝してももにょもにょ
みたいな感じはあるのですが、敢えて。ここでもオススメさせていただきます。
現代美術って何。くらいの人が読んでも絶対面白い!
エッセイとしてとにかくめっちゃ面白い! 
なぜアート畑の人って文章もイケる人が多いんだろう。ってある意味泣けてきます。
展覧会のたびにコンセプトシート?? みたいなんを書かされて
本当に人に伝えるための文章が上手くなっていくのかもしれない。
雑記を書けば自己満ばかりの私の文章とはかけ離れていて
読むたびに身が縮みます。
嘘ですそんな反省してる暇もなく面白いです。
なんだろう頭がよくて、なおかつ広く読書した人の文章なんですよね。
文章の中に思考の飛躍があって、それについていけたとき面白いです。
雑文好きの方にはとにかくご一読オススメしたいです。
べつに会員登録とかしなくても読めるので。たぶん。私まだしてないので。
連載の前のほうは本にまとまっていますよ!

(書影が出るので紙の本はりましたが、電子もあります)

そして「幻冬舍plus」の「読み物」以外のもう一つの機能が、
「電子書店」です。
しかし電子書店ももう多すぎるよね。
正直、活字系の本って ラノベ以外はレーベル分けされてないに等しいんで
(ひとりの作家の作品がひとつの出版社で揃わない……)
直営店もよっぽどの特徴がなければ 読者的には旨味がない。
んですが、「幻冬舍plus」はひとつ仕掛けてきてました。
なんと、ブラウザで読める。。。
プラグインすらなしに読める!
(まー新しいサイトのお決まりで、OSはある程度新しいものを要求されますが)
これはとりあえず著者的には十分旨味ある話です!
なぜって「とりあえず試し読み」のリンクにはもってこいですから。
先月から各電子書店で無料配布している アンソロ以外未収録短編
「銀縁眼鏡と鳥の涙」
読んでいただけましたでしょうか?(´・ω・`)
まだ読んでいない方は 試し読みだけでもぜひ!
できれば今行ってきて! 今ぁぁ……
(どこの書店にせよ、無料とはいえダウンロードには会員登録が必要で、
 幻冬舍plusも例外ではないのですが。試し読み部分は非会員でもイケます。
 「立ち読み」をクリック!)
この無料短編のほか、現時点で5作品売ってもらってますので
(5作品のうちわけは過去記事参照
何もインストールしなくていいなら 電子書籍を試してみたい。っていう方はぜひ。

っていうここまでは著者的な旨味の話です。
読者サイドでの旨味は……
む〜ん ちょっとまだ判断しかねるかな? っていう感じですね。率直なところ。
直営店なのに Kindleより価格が安くないことにはがっかりしましたwwww
なんでやねん!! って思いましたwwww
あと、ブラウザで読むものなので、必然的に
常時オンラインの環境が前提になっています。
オフラインになった瞬間に読めない。
っていうところで読者を選んでいるのは確かですね。
でもたぶん……たぶんですけどこれは
定額制を視野に入れてきてるのかな?? とちょっと……
ちょっっっっとだけさっき思いました!
別に私は内部の人間じゃないんで。何も聞いてないですけど。
「クラウド型ウェブサービス」ってうたっているから……
ぶっちゃけ最初 これ「クラウド型」っていうのかどうか よくわかりませんでした。
私の中では いろんなデバイスで取り出すために ウェブ上で情報を預かってくれることが
「クラウド型」だったので。
ただ単にオンラインじゃないとおりてこないやつを「クラウド型」っては言わないと思った。
でも最近 音楽業界では「クラウド型〜」みたいなこといってるよね!?!
月額聴き放題! ってプランをそう呼んでますよね?
あれもおなじなの? 要するにオンラインじゃないとおりてこないの??
(なんとわかっていません。まじめにしらべたことがありません)
だから「聴き放題」が可能なの?!
ってことを考えると 幻冬舍plusの、この
現時点であんまりお得じゃない(失礼)価格も
やがては〜…… ってことになるのかしら。
そうなると……印税の配分はどうなってくるのかしら!!??(ざわざわ)

ちょっと先走ってしまった感ありますが
そんな感じで何やら新展開のにおいがする「幻冬舍plus」でありました。
ちなみに今のところは(電子書籍の形じゃない、連載の)読み物は無料です。
会員登録しても無料です。安心してご登録くだしあ……
ちなみにみなさん、「電子書籍が読み放題」に月額いくらだったら出せますか?
私だったら、正直980円上限ですね。
1000円にのると家計を圧迫してる感がすごい……。
そして電子書籍費で月1000円絶対に持っていかれるっていうのは
読み放題と引き換えにしても高いように感じます。
ひとつの版元の本しか読めないということを考えると 
700円……くらいだったら理想的かなー! と思います。
あんまり考えず契約するには、500円切って欲しいwwww