ポモドーロ法で時間管理しようとして結局石川啄木あげくめばちこになった(11/18)

こんばんは豊島ミホです。
タイトルが先週の私です。
もう、なんで時間管理なんてしようとしたのか憶えていないわ……
多分こないだの『日記の魔力』を引きずってて
10年同じでやってきた私の日記のスタイルも
抜本的改革をしなければいけない時なのではないか
っていうか1日の使い方? 1日に対する時間のとらえ方が
おかしい、やばい、とかなってそんで時間管理。。。

ポモドーロ法
時間管理法というか、集中して仕事する方法のひとつ。
何か始める時にキッチンタイマーを25分ぶんひねる。
ジリーンてなったらやめて5分休む。
5分経ったらまた25分ひねる。
25分の作業+5分の休憩を「1ポモドーロ」として
4ポモドーロやったら30分の大休憩を取る。
多分これだけではポモドーロ法のすべてではないが
本を読んだわけじゃないのでこの辺しか理解していない。
「ポモドーロ」はイタリア語で「トマト」の意。
イタリア人のキッチンタイマーはトマトの形をしているらしい。
アプリもあるが、多分タイマーはアナログのキッチンタイマーが良い。
(止められない、とにかくぐいっとひねったら始まる、というところに
 見えないポイントがある気がします)
線で囲って説明ぽく書いたけど内容に責任は負いません。
詳しく知りたい方は時間管理 ポモドーロでぐぐってみて下さい。



こんなタイマーを私は買った。
あと別のスケジューリングの本も買った。
手帳もバーチカルタイプのやつを新たに買い求めた
(ただしリフィルだけだしミニサイズなので140円くらい)。
作業を記録するために 4色ボールペンも買った。
かちかちかち……(←タイマー音)
しかし気付くと昼からベッドの上でうずくまって
石川啄木の歌をぐぐりまくって読んでニヨニヨしていた
よ!!!
ちなみにニヨニヨしているのは共感とかじゃなくて
「私はダメ人間だがこいつよりはまし」という
最低な感情によってですからお間違いなきよう。

なんでそうなったか書く気も起こらない……
1週間長かった……長かったよ。。。うええ。。。
昼寝するから1年が長いのかな? みたくこないだ書いたけど
昼寝しなかったらもっと長かったよ。。。うえええええ。。。
しかもそんなことをしているうちにどんどん体調が悪くなり
生理が止まらなくて婦人科に行ったり(異常はなかった)
めばちこになって「あねもねR」の収録をドタキャンしてしまったり。
していました。(ごめんなさいまじごめんなさい……)
あっタイマーが鳴った……!
(5分経った)
そんでなんだっけ、あんとな、
時間管理でキリキリしている間は
「このブログも! こんなふうにしている場合ではない!」
「『雑記帖としま』なんてタイトルのうちは ライターとしてやっていけない!」
「自ら価値を提供するのだ! Twitterをやりたくないなら
 ブログのアイデンティファイを進めるしかない!」
「話を聞く仕事がしたい〜☆ とかほんわか書いてるだけでは何も始まらない!
 できることからやるしかない!」
「はてなブログでまんが評書いて記事ごとに大仰なタイトルをつけて
 ホットエントリ大フィーバーおこしてやるわ!!」

という考えになっていた。
まあ、多分それも正しいちゃ正しいと思いますけどね。
雑記書いていてもまったく仕事に結びつかないし、
名前ぐぐってこのタイトルのブログが一番に出てくるようでは、
何が得意分野なのかわからないし。
でもそういう考え方で週の半分過ごしたら病んだのでもういいですは。。。
焦りすぎだったんだよ。きっと。
(自分に言い聞かせてる)
(でもタイマーは止めない)
なんで私たちは 他人がしているくらいの苦労を しなければならないとか
ひとつでもおおくの価値を 世間に提供しなければならないとか
思ってしまうのでしょうね?
それをして楽しい人がやってるのはもちろん何の問題もないけど
私みたいに それやって全然別に楽しくなくても
「しなければならない!!」とかたまに思っちゃったりするのはなぜなのだろう?
上野公園のカモみたいに 池に浮いているだけでもいいのにね。
いいっつーか悪いっつーか、私は浮いていてぇ……
本心ではもう一生浮いていてぇ……
あーんあとは幻冬舍plusから連想した
定額制の音楽サービス「Music Unlimited」(byソニー)
を試していたのですよ。雑記を書かないでいる間に。
その感想を書こうかと思ったけど……書いたらんわ!
別にサービスがだめっていうわけじゃないですけど。
好きになったわけでもないから。
「感想を書こう」と思った時は何か下心が。あったんじゃない
世間の役に立てば見返りがある的な……。
もう自分でそういうのに疲れたんだ1週間で。
今流行りの「情報のハブになる」みたいなやつに。
ハブだぜ! HUB!
みんなよく考えてみろよ!
そんなものになりたいかどうか!
そんな四角いやつより上野公園のカモのほうがいいだろう!

とか言ってる私はメンタル紙ですよねほんと
啄木レベルの甘ちゃんですよねほんと
現代を生き抜けないし明治も生き抜けないっ!
最後に『一握の砂』から一首引いて終わります

高きより飛びおりるごとき心もて
この一生を
終るすべなきか

ネット上に広く流布しているこの歌の解釈は間違ってると思うんだ……
要するにイヤッホホオオオォォォウウウ!!!! って言ってるうち
人生おわんねーかなってことだと 
そういう一瞬が引きのばされて何十年とかになんねーかなっていう
そういう歌だと私は思ったんだ。
しかも重力によって動くエネルギーをまかないたい怠け者の歌だよ。