今日も再読(8/19)

きのうきょうで山崎ナオコーラさんの『ニキの屈辱』(河出文庫)を読みました。
便宜上(河出文庫)て書いたけど私はKindleで読んだ。単行本で既に読んでいたので、再読です。


(※画像のリンク先はAmazonです。そしてアフィリエイトで〜す☆ アフィがやな人は1行目のリンクのほうをお使い下さい)

なんで今この本を読んだのだろう……。
あーあれか。わけあってネットでポートレート? 人物写真? を片っ端から検索して見ていて、それで、「ナオコーラ(←読者的呼び捨て)の小説で写真家さんが出てくる話あったなー」「なんか、また読みたいかも」と思ったのだった。
小声で言いますけど、正〜直、1回目読んだ時の感想って、「ナオコーラの小説の中ではあんま好きじゃないほう」だったんですよ。。。他が好きだからね! 『長い終わりが始まる』とか『この世は二人組ではできあがらない』とかもうものすごく好きだからね! あと『論理と感性は相反しない』も!!
『ニキの屈辱』は、その大好きな作品と何が違うのか意識はできなかったけど、読んだ後なんか「エ〜……」て気持ちになったのは憶えてる。筋とかはすべて忘れた(どんな作品でも1年くらい経つと忘れるけど)。
そういう作品を、敢えてもう1回読もうって、あんまりならないものかもしれません。でも私はよく「再読」っていうのやるので……再読で良くなったり悪くなったりするというのを身をもって経験しているので。特にこの作品は恋愛を描いた小説だから、自分の経験によって読み方が変わるかもしれない、と思ったのでした。

『ニキの屈辱』のあらすじをごく簡単に説明しますと、20代前半にして成功をおさめている写真家・村岡ニキと、新しくそのアシスタントになった加賀美和臣、ふたりのお話です。語り手は加賀美のほう、だから男性の一人称。
雇い主とアシスタントだから、最初は上下関係がはっきりしているんだけど、そのふたりが恋に落ちることで力関係のバランスが変わっていく。本の通販サイトなんかには、「格差恋愛の行方を描く話題の恋愛小説」なんて紹介されています。
格差恋愛かなぁ……? なんか、立場の差が実際あるとかないとかより、ニキの物言いが加賀美に対してだけ過剰に「上から」なのが面白い。最初は仕事場で「教えてあげる」とか言ってたのが「教育してやる」になるとか、「人前では敬語使え、ごらあ」って人前で言って周りの人にドン引かれるとかw
でも性格が悪いんじゃなくて、ニキはかたくななだけなんだよな多分。雇い主とアシスタントでなければならない、ってきっちり考えてる、責任を持って接しているからそうなるんだよな。って思えるような描き方をされてます。
いっぽうで加賀美は、犬っころ系というか、雇い主としてのニキの態度に傷ついたりしても反発はしない。むしろそういう顔を仕事相手に見られてニキの評価が悪くなることのほうを気にしている。
このふたり両方の性格が、私は読んでいて好きだったな。だからふたりが好き同士になるのもワカル。恋人同士になるところがちょっと急っていうか「今?!」っていう感じあるんだけど、それが不自然でないというか。

そんなんだから、読んでいてずーっと面白くて、前回は楽しめなかった理由が謎でした。。。
が、ラストになって……ちょっとネタバレする形にしたくないから「ラスト」としか言えないけど。。。読みながらほんとに! まじで! 泣いてしまって!
「前回は楽しめなかった理由が謎」どころか、もう「前の私何?!!」っていう気持ちになった。こんな! こんな切ないやつにぴんとこないとか! しかも忘れるとか!

うーーーんひとつだけ言ってしまうと、最後のほうで、ニキがはっきりと、その恋から何かを受け取るんですよね。
「あ、そうだったんだ」「本当はずっとそうだったんだ」っていう……自分にずーっと欠けていた視点みたいなもの、本当にこの先ずっと持っていけるものを。
で当然それは、加賀美がいなかったらニキは一生持たなかったかもしれないものなわけですよ。それがめっちゃ大きいのがわかって、読んでる私もわーんってなった。
せつなくはあるけど、悲しくはないんですよ。よかったねっていう気持ちもあるよ。
ほんと、恋ってこうあって欲しい! 「あ、そうだったんだ」っていう爆発的な気付きがあるものであって欲しい。

……というわけで、『ニキの屈辱』本当にいい恋愛小説だったんだぜよ。たんのうしたよ。
きっと前読んだ時ってよっぽど若かったんだなー、10年前くらいかな? と思ったんですが、調べてみたら2011年の小説で、ショックを受けました。
6年前も10年前もたいして変わらんじゃんと思われるかもしれないけど、私は「10年前」だとまだ都落ち前で、「6年前」だと再上京するぐらいなので……人生で得たものがいろいろね……ちがうはずなの……
6年前の私これまだわかんないんだふーんそっか(泣)て感じになりました。
この6年の間にニキみたいに何かを受け取る恋をした、わけじゃないと思うんですけどね。
そういう、振り返って「あーっ!」って思うような恋愛って、私、してない。今の恋は失ったら「あーっ!」って思うこといっぱいあると思うけど、それは離婚だからwww そういうことはないようにしたい!