お部屋の写真を残したほうがいいですよ。(10/7)

ここにも書いたように、先月引っ越しをしたわけですが。
スマホに入っている写真を見ていたところ、「昼寝中のベッドから窓の外の青空を切り取った写真」が出てきて、ウッ……(´;ω;`)と懐かしくなってしまいました。
別に住宅街の中だから空ひらけてないし向かいの家とか写り込んでるフツーの景色なんですけど。ベッドに寝転がって感じていたやわらかい風、昼間の静けさ、そういう心地よきものがよみがえる!
そうなると、窓の外だけじゃなくて前の家の中も見たい。懐かしく思い出したい! ってなる……

けど、まあ、ないよね。家の中の写真。
引っ越しの梱包が終わり、段ボールだらけになった家の写真は夫が残してくれたのですが(やっぱり「この家から離れちゃう〜」と思った時に撮って残してくれたみたい)、普通に住んでいる時の写真がナイ。。。
引っ越し魔のわたくし、部屋の写真がないと淋しいので、たまに意識して撮っていたんですが、前の家は撮り逃してしまった! ああ〜〜〜〜〜〜(´;ω;`)

子どもがいるとパシャパシャ写真撮りまくって、結果的に家の中の様子も残ったりするのかもしれないけど、夫婦ふたり暮らしやひとり暮らしだとなかなかね。ですよね。。。

それで一瞬がくっとなっていたのですが、こないだ気が向いてデジカメ(スマホと別に持っている)の中身を整理したところ……
出てきたんですよ! 1年前の前居の写真が!
わあ!

まさに「日常の、住んでる部屋を残す」ためだけに撮った写真で、たぶん休日の昼に、夫がソファでゲームしてるとこ。リビングの全景。ダイニングからキッチンを眺めたところ。など、ほんの数枚だったんだけど。
あー残ってたよかったーーーっ! ってなりました。
夫と過ごしている普通の日曜日、居心地のいい部屋。もちろんその「感じ」って頭の中にちゃんと残っているんだろうけれど、写真があるとその「感じ」をより鮮明に引き出せる気がするよ。

いいですよね。なんでもない日の、究極に日常的な場所の写真。
ある意味、どっかに行って特別なことをした時よりもずっと、「思い出の写真」になる気がする。

家で写真撮る機会の少ないみなさんも。残してみるといいと思いますょ……(ちょっとおせっかい)
ひとり暮らしの家の写真も、振り返って見るとすごい懐かしいです。

もはや場所が割れてもいいくらい昔の写真を1枚載せちゃうぜ!

部屋
最初にひとり暮らしした部屋ー
2002年夏、大学2年生の時に撮ったものです。
まだ携帯のデジカメとかあんまない? あってもショボい? ような時期だから、これは写ルンですで撮ったやつをスキャンしたものですね。
ベランダで育ててるグラジオラスが咲いて、それを残すついでに部屋も……みたいな感じだったのかな。

このぶっちらかっている畳www
今見ると結構散らかってんな! と思いますが。こうやって畳の上に適当にものを投げ出して暮らしていたー 万年床じゃなく毎日おふとんたたむから私えらいと思っていたー。そして最高に落ち着く部屋だったー。
その、夏の真昼に窓を開け放して畳で寝ている時の心地よさとか(やっぱり昼から寝てんのかよ!)、この1枚で鮮明に思い出します。
好きなCDかけてさ。教科書とまんが足しても3段のカラーボックス1こ分の本しかない部屋でさ。
ほんっとうにくつろいで好きに過ごしていたなーーはたちの夏。