ハイハイ大満喫して1歳になる(11/12)

久々の育児メモです。9、10、11ヶ月のぶん。
前の育児メモが「不動の赤ちゃん」で止まってる……!
けどさすがに我々のベビーも動き回るようになりました。

・ハイハイ期をたっぷりと満喫中
「不動の赤ちゃん」がいつどうやって動き出したか定かでない……。
結局寝返り移動はあんまりしなかったんですよ。多分。もう記憶があやふやだけど。
部屋の隅から隅までゴロンゴロンして大変~! みたいなのを想像していたのに、寝返りでそんな長い距離移動したのを見たことがない……。
ハイハイは母子手帳の記録によると9月上旬だったそう。最初のハイハイなんてものすごく劇的なのではないか! キャーキャー黄色い悲鳴を上げてしまうんではないか! と思いきや、記憶にないから、やっぱりこう……「ん? 今若干進んだ?」「あれ? ハイハイしてる??」みたいな感じだったのかな。。。寝返りや腰すわりもそうだったけれど、何かができるようになるときって、階段をあがるように「できた!」って感じなのではなく、なだらかな坂道をのぼるように進んでいって「ん? のぼりきってる?」みたいな感じよ。
ともあれ現在家の中を縦横無尽にハイハイしまくって楽しんでいます。
今の子はハイハイしたらすぐにつかまり立ち→つたい歩きと進んでしまい、ハイハイ期が短い。というようなことを噂に聞いたことがあるのですが、我々の子はたっぷりハイハイしています。
1歳となれば普通はもうつたい歩き期かな……。前のメモにも書いてあるけど、平均的な発達段階と離れているから、もう育児書とかを見ていない。たまに薄目で見る。

・でかいものを動かすのが流行り
ん? これ前もちょっと書いたか。育児メモじゃない記事に書いてあるっすね。
でかいものを動かすことにハマっている我が家のベビ。室内用物干し竿、ハイチェア(親のテーブルの高さまで来る乳幼児用食事椅子)、赤ちゃん用品を収納したIKEAのワゴンなど、おすわり期からずりずり動かしていたのですが、最近はどこまでも押していく!
両手で押してるからもはやハイハイというより膝歩きになってるのかな? でかくないけど、おむつ入れにしていたダイソーの収納ボックスなども両手で押してガーーーーっと動かすようになりました。これがちょうどいいらしくてどこまでも動かしていく……動かすだけだったらいいけど中身は要らないようですべて放り出してから動かす。おむつとかおしりふきなどが、部屋に散らかったおもちゃに紛れてどこにあるかわからなくなっています;;
最近、小さいパソコンデスクとキャスター付きのワークチェアを買ったんですけど、私が座ってる椅子まで押して動かされてびっくりしました。。。50キロ超のものが乗ってても動かせるのか。0歳って。

・鏡が大好き!
多くの赤ちゃんは鏡が好きらしいです。我々のベビも例に漏れず、ねんねの頃から鏡のおもちゃがお気に入り……だったのですが、自分で動けるようになると殊にその「好きさ」が見えてきて、少々圧倒されております。。。
気づくと姿見の前にいる。そして鏡に映る自分にKISS……☆彡
や、KISSしてるかはよくわかんないけど。ベロベロなめている感じもあるけど。とにかく姿見の下のほう(子どもの顔の高さのところ)がよだれでベタベタになっている現状。こうなる前は、鏡はガラスマイペットで拭いていたんだけど、舐めるとなればそれも微妙だな~ってことで、どうしたらよいかわからないでいます。とりあえずノンアルコールの除菌ティッシュで拭いてるけど、そのうちググろう。。。(今すぐにはぐぐらない人)

・おもちゃで遊ばない
これもみなさんそうなんでしょうかね……10ヶ月くらいからおもちゃへの興味が薄れ出し、家の中のものを触りたがるようになりました。
スマホやケータイはもちろんのこと、リモコン、プラグ、デジカメ等々。落ちているものはなんでも触りたい!(デジカメは落ちてるのだめだけど)
やっぱりおもちゃなんてしょせんうそっこというかさ……。生活に必要な、大人が使っているものではないってことがわかるのかな。。。
正直大人としては、おもちゃに夢中になってくれているほうが好都合に決っているんですが。おもちゃにこそ胸ときめき夢中になる、という齢はもうちょっと先なのだろうか。
なんかいいおもちゃないかな~っていうのは児童館で会う月齢の近い子のお母さんにたまに訊いているんですが、みなさんお答えは一律に「日用品のほうが好き」です。は~ん……。

・絵本が好きになったもよう
読み聞かせ、細々とやっているんですよ……今まで書いてない気がするけど、そうとう初期からやってる。腰がすわるかすわらないかの頃から膝の上に置いて絵本を読んでいる。
しかし話にキャッキャと反応するわけでもなし、たいして嬉しそうにするでもなし、すごいニュートラルな態度で聞いているので、「まだ別に絵本好きってわけではないのかな」と思っていたのですわたしは。
しかしここに来て自ら! 本をめくるようになった。放牧中におもちゃ箱に入っているボードブック(なめても大丈夫な素材かつ角の丸い絵本)を出してページをめくって見てる! 持ってる方向がさかさまだったりするけど。
と同時に、1歳過ぎた子で、絵本が嫌いで読み聞かせしても数ページともたず母の膝から逃げる子がいるという話を聞いて、「はっ! 大人しく座って聞いてるのはだいぶ本好きなほうか!」と気が付きました。
でも読み聞かせったって、1日○冊みたいにノルマ的にやってるわけじゃなくて、もっとゆるく……子が暇そーだけど何してあげたらいいかわかんない時とか、昼寝の前に、眠そうだけど本格的に眠るまではまだやや時間があるかなという時などに読んでみてるだけです。夫は、夜の寝かしつけの前に必ず読んでいるもよう。

・離乳食の話をしたくない
これは主語「赤ちゃん」じゃなくて「私」の話ですね。
離乳食が……相変わらず進まんくて、もうね、誰にも開示したくない。この状況を。
食べないんだもん! 固形物を! そして新しい味のものを!
それで何をあげているかみたいなことはひみつです。体重が減ったりしたら真剣に考えなければならんけど、今のところそれでも元気で育っているから、、、本当のことを言うとだいぶ開き直ってきた。10ヶ月検診で小児科の先生に相談した時も「偏食で死んだ人はいません」て言われたし。
なんかもう……離乳食の内容がやばすぎる人はネットとかに書かないと思う。「手抜きで恥ずかしい~」とか言いながら栄養的に100点満点のメニューをネットに上げてる人いるよな。ビジュアルや味が手抜きということなのだろうが。毎日同じメニューでも、月齢相応の進み具合で、お野菜もタンパク質もしっかりとっているなら、わたしてきには雲の上のメニューですわよ。。。
そして離乳食が進まない以上授乳はやめられない。高校~大学生くらいの時に育児系コミックエッセイを読みすぎたせいで、「1歳のお誕生日に断乳☆」みたいなイメージがずっとあったのに、幻と消えました。この状態で乳断ったら赤子しぬがな。まじで。

まー3ヶ月開きましたから他にも色々あった気はするけど、際限ないのでこのへんで。
1歳になるともう「乳児」じゃないんですってね……! もう終わっちゃうのかい乳児期!
でも確かに、1歳近くなって急に「成長したな!」って実感が出てきました。なんか、自分で動いてるし。発声や行動にも文脈を感じ取れる。気のせいかもしんないけど、まあ以前のような「すべてがあてずっぽう」的赤ちゃん感はない……ようにも思う。
たまにちょっと前の写真とか見るとキュンっとします。我々としては、ずーと「赤ちゃんだからって、わけわかってなくはない」と思って接してきたけど、時が経って振り返ってみると、「わあ、今に比べたらわかってない赤ちゃんだった!」て思うの! 視線の、手の、おぼつかなさが写真に残っているから。

あとはなんといっても関係性ですね、1年経って変わったもの。
生まれて1ヶ月くらいの実感がこのブログにも残っているんですが、

関係が生じる(2/4)
子どもが生まれてからもうすぐ3か月。 ここ数日、急に、関係が立ち現れてきたなーって思います。私と子ども、夫と子どもの間に。 産んですぐの頃は……冷静になると 「誰?????」 みたいな。 ...

「僕たちの家にいる知らないやつ」だった頃のベビーを、できることならもう1回抱きしめにいきたい……。
あの頃はどんな子かわからなかった。あと産後鬱がひどすぎて生きるのに精一杯だった。今になって生後1ヶ月以内の写真を見ると「△◯ちゃ~~~~ん(娘)!!!!;;」て思います。もう二度と触れられない生まれたての△◯ちゃんに、今の愛しさをもって触れにいきたい。

この間夫から「1年振り返ってどう?」と訊かれた時、ちょっと考えて答えました。
「誰かと一緒に暮らすっていいなと思った」と。
実はこのブログを書く時に「育児」という言葉を可能なかぎり使わないようにしてるんですが(「育児メモ」と呼んでいる今回のような記事も、「育児」というタグを付けず「生活」に入れている……他人から見れば不便なだけとはわかっていても、私なりのこだわりだった)、それは「育児生活」を「育児していない生活」とは違う特殊なものだと線引きして考えたくないからで。
そして実際、赤ちゃんと1年間暮らして湧き上がってきたものも、なんかこぉぉ~……世に言う「育児」を1年無事にやりとげたとかって達成感よりも、知らない子が家に来て、自分では何もできないし喋らない子だったけど、だんだん関係ができていった的な。ただ、ほんとに、新しい人を家族に迎えて、その人と一緒に生きてきたなーという実感。だったんですよ。。。
わけわからないし困ることもたくさんあったけど、だんだん相手の人格もわかって、その人と一緒の新しい生活リズムもできてきて。
そういうことが、、、面白かった。面白かったっていうとあれだな、余裕の感じがするからやっぱ全然違うかな。必死だし何回も泣いたしピーってなったけど。今現在も全然余裕なんかないけど、今週も多分なんかしらしんどくて泣くけどwww やっぱ絶対、あってよかったことだ、って思うんです。ままならなくても誰かと暮らすのはいいな。この人が家に入ってよかったな。って。
夫のほうは、私と暮らす時点ですでにそれを味わっていたかもw 私は結婚後は楽になるばかりだったけどね。。。
新メン! みんな入れてみればいいのに! と無責任にも思ってしまったよ。。。結婚とか育児とかそんなんに限んなくてもいーし人間以外の動物でもいーから、なんかもうとりあえずみんな何者かと住めばいいのに! って。
でもわかんない、今の夫が相手じゃなければ、私は間違いなく出産後即離婚コースだった……。育児と家事のタスクの多さに3日でブチ切れて子連れで実家に帰ってた……。赤ちゃんという新メンと暮らせているのも夫のおかげ。私ひとりではどだい無理なことかもしれん。
だからあんまり胸を張っては言えないんだけど、新しい人と一緒に暮らす苦労と喜びを、たっぷり味わわせてもらった1年間でした。よ。いちおう。

ダイソーの箱を押しながら膝で歩くベビー。遅そうになってしまったけど、もっとスピーディーなの。