37歳で初ベルばら(2/25)

こんにちは豊島ミホです。
うう……なんとこのブログ……今保育士さんが子どもを見てくれるコワーキングスペースで書いている! ありがたし!

わたくし先日37歳になりました。
37……37相当きてるな! とは思ってたんですけど。
おとといドラッグストアを歩きながらふっと、「あれ?? 37歳、わたし超似合ってない? ちょうどよくない?」という思いが訪れた。
なんだろ。いつもと同じお決まりの化粧水を買って踵を返し、あれこれ主張しているプチプラコスメのPOPやチープ可愛いパッケージの間を脇目も振らずすり抜けながら、ふっと。
こういうのに興味なくなるともうおばさんだな。でも、この状態はなんて自分にちょうどいいんだろう……! って。
高校生のときに書いたりそうの自分が38歳だったくらいだからな。そしてあの状態に限りなく近い今だからな。

そんな誕生日を挟んだ1週間ほど、いまだかつてなく有意義に過ごしました……!
タイトルにあるけど主に「ベルばら」で!

もちろんこれ、吉川トリコの『マリー・アントワネットの日記』からの流れなんですけど……
トワネットちゃん日記。めっちゃ楽しんだけど8月には入手してたのに読んだのが今なのがじゃっかん恥ずかしくw 感想書かないつもりだったんですよ。(言い訳しちゃうと、文庫で買ったらなかなか開く時間がなくてね;▽;!! 授乳のお供は電子書籍なので、電書で買えばよかった……とかなんかいも思った。しかしいざ読み始めたら上下巻一気だった!)

買ったので読むぞ〜という時の写真。ミルクティーがアイスなところに季節を感じてください。

それでね……というか「でもね」……なのか。トワネットちゃん日記を読んだあと、ラストが当然アレなので。マリー・アントワネットが主人公にして、革命後の流れもちゃんと史実と同じですので。
「フランス革命なんなん? 本当になんだったん????(泣)」
という思いが湧き上がり。

とりあえず夫にそれをうったえたんですよ。
そしたら返事は一言

「ベルばら読めば」

「ていうか、ベルばら読んでないの? マジで???」
私「アニメで……大学入ってからテレビ神奈川の再放送で……(ボソボソ)」
「おぼえてんのそれ?」
「おぼえてないです」

夫の実家から即座ベルばらが取り寄せられました(お義母さんに運んでいただいて! すみません。。。)。
なぜかその週に限って子どもの昼寝がやたらと長く、ふだんまんがもろくに読めない私が文庫5冊を3、4日で読破。
並行して、岩波ジュニア新書のフランス革命本も読み進め……

最終的に

目に星入ったよね

私。いま。目に星入ってるとおもうまじで。
みんな読んだ? ベルばら読みました?! 大人になってからも読みましたあああああん?!!
私……恥ずかしながら、アニメの記憶はほんとにほとんどなかったんですよ。「アンドレかっこよかったかも」「フェルゼンはなんかあんま好きじゃなかった。ビジュアルが」(←マンガしか知らない夫もフェルゼンの眉毛……! とかゆってました)「最後なんか……牢獄みたいなとこで決定的な事件があったような。。。」くらい。
マンガ読んだあとだと「マジで?!」って思うよその感想を! あんな素晴らしい物語でそんな断片しか残らんの?!
「ベルばら」で受け取るべきは、オスカルの生き様だろ!!! 己の信念をなんのためらいもなく、抗う波がある時には知恵を使いながら、全身で表しきったその生き方だろ!!!!

「オスカル様かっこいい」とかじゃない。憧れてる場合ではない。
ああいうふうに生きないと。今スグこういう選択をしないと! ってなった。

でお前具体的に何すんのん? みたいのは……まぁ……いつもの私のことですからもにょもにょもにょ……
でもね勇気を出してここに来てみたよ。子連れコワーキングスペース。
あとトワネットちゃん日記以降、世界史をわりとまじめに勉強しています。
岩波ジュニア新書と一緒に、高校生向けの参考書買って、フランス革命周辺を客観的にさらったあと(たいした量の記述もなかったけど)今度はルソーに来てる。革命〜なんで起きたの〜みたいなことのうち、文化面でのことを素人なりに多少掘ろうとしてる。(ジュニア新書の『フランス革命』はそこあんま書いてないので自分で調べてね〜って著者さん自ら言っていたし)
しかしいつになくまじめにやれているので、トリコさんありがとう!!感ぱないです。ありがとう!

買った参考書はこんな。なんと世界史なのに縦書き! 教科書ほどそっけない記述じゃなく、読めばだいたいわかるみたいなやつ欲しい〜 と思って書店に探しに行きました。どんぴしゃのものが買えて満足! それにしてもこうやってベルばらや参考書を読んだあとに『マリー・アントワネットの日記』のことを思い返しても、とてもいいものを読んだと思うのです。

《おしらせ》
前回の記事にも書きましたが、今月末にパブーのアカウントを閉じます。
パブーで拙著ご購入くださったことのある方は、こちらの記事ぜひご一読を〜!

「パブー」のアカウントを閉じます予告(2/7)
こんばんは。柳原可奈子さんの結婚がうれしすぎて、「柳原可奈子 うれしい」という全力でバイアスかけたツイッター検索をしてしまった豊島ミホです。 ひとの結婚に対してテンションあがるの、古いのかもしれない...