あねもねRはげんきです(3/17)

こんにちは豊島ミホです。
ちょっと過ぎちゃったけど、今年も3月11日を迎えましたね。
自分の個人的な感覚で恐縮なのですが、毎年しみじみ、「よう生きてんな〜……」となります。大丈夫かな? 生きてる事自体夢じゃないかな? とかもじゃっかん思う。。。こ、この話突き詰めるとこわいからあんまりしないけど……。生きててよかったねっ! よかったよ! よかったとか思えない人もだんだん思えるようになりますように。。。

2011年に「R-18文学賞」周辺メンバーで作ったチャリティー同人誌『文芸あねもね』。
同人誌としては電子書籍の形態を選び、その後2012年に新潮文庫として紙で刊行してもらいましたが、今は「品切れ重版未定」(いわゆる絶版)で、流通していないんですよね。
いっぽうで『文芸あねもね』を声優さんたちが朗読してくれる企画「文芸あねもねR」のほうは、今もげんきに続いています! て、ゆうか敦子さん&喜久子さんの大天使コンビがひっぱってげんきに続けてくださってます♡\(^o^)/♡

浅野真澄さんメインキャストで読んでいただいた拙作『真智の火のゆくえ』は、このブログでも過去にいっぱい宣伝してきましたが〜……
今知った! もしくは今チャリティに参加したい! というあなたのために♡ もう1回お伝えしておきます。
朗読版として文庫の原稿を大幅にリライトしたので、いまだ私の最新(≒最後の)小説はこれ。『真智の火のゆくえ』540円で発売中です。

https://audiobook.jp/search?q=文芸あねもねR

自分のタイトルで宣伝してみたけど、上のリンク先は文芸あねもね作品一覧です(販売のFeBeさんは、去年「audiobook.jp」としてリニューアルしたそう。サイトの雰囲気変わってる〜)。
元の小説からしてそうなんだけど、それぞれみんな良作力作なので! よろしければ特にお好みのタイトルや声優さんを選んで、試聴などしてみてくださいまし〜。
年単位で更新していないのですが、我々執筆サイドの「文芸あねもねブログ」に、「あねもねR」関連のレポートなども残っています。

私めっちゃ収録レポ書いてる……。何回文化放送さんにお邪魔したんじゃ……。懐かしい気持ちで久々に読み返してしまいました。声優さんたちの演技を生で見せていただける貴重な時間じゃった。。。
その時のことを思い出そうとすると、文化放送入り口のモスキート音がすごかったことがどうしても浮かんでしまう。。。なんかネズミよけだとかなんとか。。。すごいよね。すごいんですよ。私32歳とかだったけど全然聞こえたよ。

うちのあねもねちゃん。写真だとあまりわかりませんが、もう角とかへにょへにょです。