掲載情報と個人的に嬉しかったニュース(5/27)

本日発売の「小説推理」7月号に映画エッセイを書きました。
「私のとっておきシネマ」というリレーコーナーです。
それにしても、この「小説推理」、目次の裏に載っている広告が気になってしょうがありません。
今月は「濃いマユ毛づくりに」と書いてある……。体毛育成剤の広告なんです。いつも。
体毛が濃いことはステイタスなの? マユ毛って濃いといいの?
『新撰組!』続編制作のニュースが入ってきてたいへんうれしいです。
かなり本気で観てましたからね!
芹沢鴨に惚れるあまり、佐藤浩市が出てくる夢を3回も見ました。
(そのうち1回は、佐藤浩市が近所に住む気のいい独身サラリーマンという役で、
 もんじゃ屋で会うと「よお!」と声をかけてくれるという……)
ドラマを観る時には、一瞬ごとに「次のひとこと」を予想してしまうんですが、
三谷幸喜の脚本はもう、「こうくるかああ!」とのたうちまりたくなる台詞の連続でした。
最近では月9の「エンジン」にやられました。
終わりのテロップが流れた瞬間に「誰だコレ書いたの!」とテレビにくっついたくらい……。
が、定時にテレビの前に座るということがどうしてもできません。
1回録画を忘れてからは、「もうDVDで観よう、えへへ」ってことになっちゃいました。
ドラマは5年に1本も観ませんが、すごく好きです。たぶん。