原宿こわい(6/7)

先月買った鉢植えのあじさいが枯れてしまいました、豊島です。
ミセスクミコという品種で、すっごくきれいなピンク色だったんです。
あれ、色が抜けてきた、でもあじさいって色変わるし〜、と思っていたら
そのままパサパサになって枯れてしまいました。
花の時期が終わったんだと自分に言い聞かせようとしましたが、葉まで枯れかけていました。がーん。
この間、仕事のアレで原宿に行きました。
私は大学4年間、東京のまんなかのほうに住んでいたのですが、
原宿に行ったのは1年生の夏が最後です。
ラフォーレバーゲンでつぶされて、「こんなところには二度と来ない!」と決心して以来
マジで行ってませんでした。むしろ、秋田に居た頃のほうが原宿訪問回数は多いです(代官山とかも同じ)。
というわけで約4年ぶりの原宿。
せっかく原宿まで来たんだから、かわいげなワンピースでも探そうと、ラフォーレに入った……途端!
まばゆい女子オーラにやられた!
平日で雨だったので、お客さんはすごく少なかったんだけど、それだけに厳選されている感が……!!
新宿の女子とかも服キレイにまとめてるし、池袋の女子高生も顔かわいいし、
でも原宿はやっぱ最先端! 他とは一段違うんです!
「よくわかんねーけど、でもたぶんおしゃれ!」っていうオーラが、
どうなってんだかわかんない構造の服の重ね着のすきまからあふれるように漂い、
かつ髪型やメイクの完璧さがこちらを威嚇してくるかのよう。
すいませんすいません、こんな場所に無防備なまま踏み込んできた私が悪かったんです。
誰に責められているわけでもないのに、肩の縮む思い。
これは……
中・高生だったころ、無理して秋田フォーラス(秋田県で一番おしゃれな服が売られているビル)に
買い物に行った時の感じとまるっきり同じ!
「秋田市では、きれいにしてる人しか外をあるいちゃいけないらしい」
と、中一の時、学校に提出する日誌に書いたことを突然思い出す。
常時わたしをくるんでいる劣等感を、さらに増幅させる装置……それがおしゃれショッピングビルなのです
(ちなみに、裏原はおしゃれ高度すぎて、もっと無理です。ビルじゃなくても)。
でもがんばってワンピースゲットしてきたよ! 拍手〜!
まあアレですけど、4日後には北千住のルミネで買い物し直しましたけど。
来世はおしゃれな人に生まれ変わるんです。もう決めてます。