新刊情報(7/19)

見たんです。
私の行きつけのマチ本屋(=非チェーン本屋)は、とにかく狭くて壁一面が本で、客注の本はかなり無造作な感じで床に積み重なっているというところなのですが、その積み重なった本の一番上に、見慣れた表紙が……。
わ、自分の本だ!
1番最初の単行本、「青空チェリー」だったんです。思わず硬直。
いや嬉しいんだけど! すぐさま文芸書の棚に突き進んでいって、1冊あったはずの「檸檬のころ」も買ってもらえたのかどうか確認したくらいだけど!(ちゃんと無くなってた。)
けれども、だ。
すみません、「チェリー」は文庫になるんです。しかも今月末発売なんです。
同じ町に暮らす、わざわざ注文してまで単行本版を買ってくれた方、ごめんなさい……。
(まあ、うちの大家さんなんじゃないかって気もしますけど。)
というわけで文庫版「青空チェリー」がもうすぐ発売になります。もちろん初めての文庫化です。
実質、新刊です。3分の2以上書き直しました。
1ページ開いてもらえばすぐわかるくらいの書き直しです。
単行本版が気に食わなかった方、これで再挑戦していただけると嬉しいです。
逆に単行本版を好きだと言ってくださった方も、リライトバージョンを是非読んでみてください。
新潮文庫から、7月28日発売予定です。

<おわび>
前回の更新、4行目のあとの1文が抜けてました。
「悶々夏休み小説!」です。これが抜けると文章が意味不明でした……。
訂正させていただきましたが、15日から19日までの間に目を通していただいた方、
申し訳ありませんでした。