ストレス(9/20)

こんばんは。生きる気力を奪われている豊島ミホです。
日々もっとやすやすと過ごしたいです。
でも別にやすやすと過ごしてる人、いないっすよね。
就活のとき登録したリクナビ(※)のメールマガジンをいまだに取っているのですが、
会社勤めのみんなも大変なのね……と思いながら読んでます。はい。
あと、やすやすと過ごしてた「時期」もあまりないような気がする……。
保育園も中学校も高校も、全然やすやす過ごしてはいないです。
特に保育園時代は、女子グループでの権力闘争がおそろしくて
お遊戯室に居てもピアノの下に隠れているような状態でした。マジで!
いまだに、幼い子を見るたび「ほんとはこいつら無邪気じゃねえ」と思います。
ごく短い、ゆるく過ごしてても許された時期といえば小6でしょうか。
毎日、ひまでひまでしょうがなかったよ!
あの無意義な時間をカットして23歳の時間に加算できればいいのに。ううう。
そういうことを思うたび、「1日が48時間ならいいのに……」と
受験前、しきりに言っていたAちゃんのことを思い出します。
ハタ目にも疲れ切っていて、大丈夫なのか? って感じだったんですが、
ある朝突然、すっきりした顔で登場しました。そしてこう言ったんです。
「寝る時、思い通りの夢を見られるようになったんだよー」
えっ……。
寝てる間も勉強する、というぶっ飛んだ話ではなく、どうも、
夢の中で遊べるから起きてる間じゅう勉強してもストレスが満タンにならない、
ということらしかったんですが。
「どうやってその夢見んの?」とは訊けませんでした。
ただ、「人間、ストレスが極限まで行くとそうなるんだなあ」と考えただけでした……。
まだ、あの時のAちゃんの境地まで達してないみたいです、私。
WEBダ・ヴィンチに掲載の小説、3回目が更新になってまーす。

※)リクナビ……あの「リクルート」がやっている就職斡旋サイト。
        今の学生はネットなしでは就職活動できないのです。
        大学を出ると、社会人向けのメルマガが来ます。
        就職先を登録しなくても来ます。