実際ファッションオンチ(9/28)

こんにちは。サンダルとブーツの間はなにをはいていればいいのかわからない
オシャレオンチ日本代表・豊島ミホです。
「そろそろ寒くなってきたし、衣替えするべや〜」と思って押入れから段ボールを出したものの、
秋冬の服が一着も入っていませんでした……(パジャマと防寒部屋着が入っていた)。
服がない。
「やーん、かわいい服なーい」とかじゃなくて、もう物理的に存在していない。
買わないと凍死する。あるいはでかけられなくて餓死だな。
そういえば春に、どばっと服を捨てたおぼえがあります。
いい加減大人だし、来年からはちゃんと1着5000円以上出して服買うんだ!
という決意のもとに、かなり断ち切ったような。
でもいざ冬を迎える段になってみると、1着に5000円出せるほど大人になってない!
NHKに月1300円払うのとスカート1枚に13000円払うのでは後者のほうが理不尽、という思考回路。
あと、なにより問題なのは、自分のジャンルがわかってないってことだ!
どのような服を着ればいいのかわかりません。
「今の子らは自分の性格や顔に合わせて着るべき服の傾向を判断できるようになっている」
という記述をどっかで読んだような気がするのですが(あ、酒井順子さんのエッセイかも)、
私は判断できてません。
正味な話、「mini」と「JJ」を同時に買うくらい混乱しています(大混乱だよな、それって)。
今欲しいものは? と訊かれたら「専属コーディネーター」と答えそうです。
すぐさま服を買いにいかなければ……。
でもめんどくさいよー。なにを着ればいいのかわからないのに服を買うというのは拷問だよ。
これってたぶんアキバ系男子の気持ち。
という話とはあまり関係ないのですが、WEBダ・ヴィンチの小説が本日更新になってまーす。
1日遅れました。昨日チェックしてくださった方がいたら申し訳ありません。
最終回です。読める期間は残り少ないので、今までのぶんを読んでいない人はまとめ読みのチャンスです…。