みそっかす(10/15)

こんにちは。
夢の中で時限爆弾を見つけてしまい、アンダースローで遠くへ投げようとしたものの
7メートルくらいしか飛ばず、爆発に巻き込まれた豊島ミホです。
人生、腕力は必要ですな。
連載小説が載った「IN★POCKET」、発売中です。
「陽の子雨の子」第4回です。それなりに後半まで来てます。
1頁エッセイを書かせていただいた実業之日本社さんの「J-novel」は本日発売。
そして、エッセイを連載中の「Webマガジン幻冬舎」、本日更新です。
「底辺女子高生」、今回はとうとう恋バナです。他人のだけどな。
懲りずに公園の散歩を続けています。
ベンチに座って、小学生を観察したりするのですが、東京の小学生って元気ですね……。
仕掛けをつくってザリガニ釣ったりしてんですよね。
先につけてんの、たぶんタニシだし。
私、山奥の子なんですが、タニシもザリガニもさわったことないよ……。
田舎ではよく言われてることなんですけど、
過疎が行き過ぎると、ご近所に同年代の子がいなくなっちゃうから、
逆に「みんなで外で遊ぶ」っていうのしなくなるんですよ。
私が小学校に入りたての頃はぎりぎりコミュニティがあったんですけど、5人くらい?
それに対して、東京の子たちは同じマンションに友だちがいたりして
ものすごく遊びやすいんでしょうね。いいなー。
走っていく男の子集団のいちばんうしろに、
よろよろとついていくひときわ小さい男の子がいて、
幼い頃の自分とかぶりました。