掲載情報(4/22)

FAXの画面に“メモリーカ゛イツハ゜イテ゛ス”と表示されているんだが
私のメモリーもいっぱいだよベイベ。
こんばんは。豊島ミホです。
おとといは新潮社女による女のための「R-18」文学賞の授賞式に行ってきました。
大賞&読者賞は「花宵道中」の宮木あや子さん、
優秀賞は「なくこころとさびしさを」の清瀬マオさんです。
めでたいですねー。
自分が拾ってもらった賞なので、授賞式には毎年お邪魔してるんですが、
「負けないようにせねば……」という気持ちになります。エブリデイ闘争心。
20日発売の「青春と読書」5月号に、
エッセイ「となりの席の男子図鑑」2回目が載ってます。
今回は「体育会系となり男子」。「体育会系」……大学で体育をドロップアウトした私には
懐かしいばかりの響きです(「体育が必修じゃない」という理由で志望校を決めました)。
本日発売の「小説宝石」5月号には「ポニーテール・ドリーム」という短編を書かせていただきました。
(リンクは光文社トップ。ここから、「読み物」→「小説宝石」)
女ふたり@女子校、今回はダサい教師とばりばりのギャルが対決します。
あわせてよろしくお願いいたします。
き、今日は告知を書いたから「記憶断片ツアー」はお休みで!
昔の記憶をちまちまコレクションしてるから、今現在のものごとが処理できないんですかね。
最近「あ、シナプス切れた」という瞬間に頻繁に遭遇します。
めちゃめちゃやばし。