掲載情報(4/28)

昨日発売の、「小説推理」6月号に「君は桜」という読み切りを書かせていただきました。
本日発売の「パピルス」vol.6 には人形シリーズの3本目、「めざめる五月」を。
で、しつこくももう1度アナウンスしますが、新刊『夜の朝顔』出ました!
記事が流れていっちゃってますが……次のページ辺りには詳細があるはずなのでよろしくお願いします。
このブログでやってきた『夜の朝顔』のための特別企画「記憶断片ツアー」は
さっきの更新ぶんでおしまいです。全部読んで下さった方、ありがとうございました!
(たぶん数ヶ月以内には消します。だって特別企画だから!)
適当な文章で、書き溜めもあるとはいえ、「毎日更新」は無謀でした……。
ネタはあっても、それをこう……他人にわかる形で提示するっていうのが大変でした。
ろくすっぽ推敲してない文でこんなこと言うのも申し訳ないですけど!
どんなにちょっとした文章でも、他人の目が入ると思うと、変わってくるじゃないですか。
(紙の)日記は書いたら書きっぱなしですけど、友だちへのメールはやっぱり
出す前に一度読み返しますしね。仕事のメールだったら二度三度読むし。
ですからこのブログも、なかなか更新が大変だってことです!!
とりあえず特別企画なんぞやって問題を先延ばしにしてみましたが、
ほんと、どうしましょうねー……。
「Webマガジン幻冬舎」の連載が終わってから、
「告知」以外の+αをどうするか、ずっと考え中なのです。
やっぱりweb上になにか読み物があったほうがいいと思うのよ。
普通に考えれば日記でいいのかもしれないけど、
私、「今日は○○して××だった。」みたいな日記は手帳に簡単につけているだけで、
本気の日記には全然出来事を書かないのですよ。考えたことオンリー。
だからどんどん突っ走ってしまう。記述がなまなましいっていうか……
過去10年間の日記からセレクトして日付の近いやつをタイムトリップ的に(このブログに)載せる、
という企画を考えたことがあったのですが、そのなまなましさのせいであきらめざるをえませんでした。
予備校時代の日記で、15ページに渡って理想の自己と現実の自己とのカイリを語ってる日とかある……。
ナルシーちゃんな私は面白く読めるんですけど、赤裸々すぎてとても載せられないんですよ! ここには!
あと、そういう自分語り以外でも、音楽とメディアについて8ページ! とか、
なんかこう……喋りたがり感満載日記なのね!(って喋ってるこの文章がもう喋りたがり感満載だし。)
今も、ここで日記を書いたら要らんことばっかり喋ってしまうよ。
喋りたがりだから文章を書くのかもしれないけど、
他の作家のみなさんはきれいな理性を持っているから、どれくらい喋ることが適切なのか測っていて、
ネットですぐぽん! と出るような場所で要らんことを喋らないようにしている。ように見えます。
私にはそういう賢さがないみたいだ。
だから、ネット上に自分の考えを書くことに対してすごく注意していなければならないと思う。
注意しつつ……たまになにか書くかもしれません。
まだわからないけど。
今とても疲れているから、頭が回っていないかも〜。