読書感想文追い込み中?(8/31)

おひさしぶりです。豊島です。
昨日まで、トップ画像がすごい季節外れな感じになってましたね……
もう夏も終わるじゃないの!
というわけで新学期っぽい絵にしました。
中高生のみなさん、夏休みの宿題は終わりましたか?
読書感想文を課題に出されたかた、大丈夫ですか?
「大丈夫じゃね〜、1冊も本読んでね〜」という人は
書店に行って幻冬舎文庫『底辺女子高生』をゲットだ!
書いた私が保証する! 今日じゅうによめる!
エッセイだから軽いし、高校生活が題材なので
よくもわるくも、なにかしら感想は出てくるかと思いますよ。
(でも書店に置いてあるかどうかは全然保証できません、
 っていうか地方の町本屋だと9割9分置いてませんよろしく!!)
毎年……「夏の100冊」フェアが始まる度に、よっぽど
「本を読むのが苦手な人のための感想文講座」をブログに書いたろうかと思うのですが、
なかなか実行に移せません。
俺が読書感想文嫌いだったのがバレ……んがぐぐ。
ちなみに私の高1の夏休み感想文は「となりのせきのますだくん」でした。
学年だよりで「年相応でない本を読んだ人が居る」と怒られました。
年相応でなく、経験と理解力相応の本を読めばいいじゃん!
1つ前の記事でもお知らせしましたが、
短編小説アンソロジー『嘘つき。』が明日発売予定になっています。
いつものように、地方によって発売日が異なるものと思われます。
「この世のすべての不幸から」という短編を書かせてもらいました。
「WEBダ・ヴィンチ」に「やさしい嘘」というテーマで掲載された小説です。
同じテーマで全10人が競作していますので、好きな作家さんが入っている方はぜひどうぞ。