バナナワニ園とは何か その3(11/1・書き溜め)

<※この記事は「その2」から続いています。そして書き溜めです。>
「本園・植物園」の目玉である7号温室を抜けると、右手に最後の階段が。
かなり上ってきています。ああ、海が下に見える……。
しかしひとふんばりしてあがりましょう。
順路の最後に待っているのは、「原種ラン・オオオニバス温室」です。
オオオニバス。敢えて漢字変換すると「大」「鬼」「蓮」。
そう、スイレンの超でかいやつが、この施設の頂点とも言える
8号温室に鎮座しているのであります! 隊長!
入ると、なんだかちこちこと鉢植えのラン(らしきもの)が道に沿って並んでいます。
まあ、ランって盆栽みたいなもので、マニアの世界に所属しますからね……
葉だけみたいなものもたくさんあるので、よくわからないまま道なりに歩いていく。
と、ぐるりとまわってきたところで、背の高い植物の陰に池が見え隠れし始めました。
「……あれは?!」

出た! スイレンの超ボス!!
これも私の携帯しょぼ画像ではわからないだろうけど、
冷静に周りの植物と比較してみて! 葉の大きさを!
でっかいの! そして……葉の裏にトゲトゲがついているううう!
(名前の「オニ」はここから付いているのね。)
残念ながら、ここでは咲いている花を見る事ができませんでした。
しかし、「葉によっては100キロのせても沈まない」という解説の文章に戦慄。
ほんとかよ! ああ確かめたい。っていうかスイレンの葉にのるという経験をしてみたい、
おやゆび姫になったつもりでそのままするすると流されていってみたいみたいみたいぞー!
でも大人なので、「実際にのってみる」なんてことはしません。
周りの人影が途切れたナイスタイミングだったのですが、
そしてあと15歳若ければどういうアクションに出たかわかりませんが、
とりあえず衝動をおさえることに成功しました。
さて、あとは来た道を下って戻るだけです。
7号温室のスイレンを再び堪能し、帰路へ。

ああー面白かった。
しかしまだ「バナナワニ園」は3分の1!
「本園・ワニ園」と「分園」がまるまる残っています。
「ワニ園」は「植物園」のすぐ向かいに当たりますが、
先に「分園」に行ってみることにしました。
本園と分園の間には無料のマイクロバスが走っています。
地図上で見ると、歩いていける距離に見えますが、
道のりは半端ない急勾配。無理せずバスに乗りましょう。2分弱で到着します。
「分園」は駐車場にトイレがある他は、基本的にトイレなしのよう。
もしかしたら売店のところにあったかもしれませんが(未確認)、
それも順路通りに行くと出口近くなので、トイレが近い人は
チケットもいでもらうまえに、駐車場のほうで済ませておきましょう。
「分園」で待っているのは、とりあえず……

レッサーパンダ! レッサーパンダ!
※次回へつづく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<記事UP後、即追記>
ぬああああああ!
今、手違いでバナナワニレポートの4回目以降のデータが消えてしまいました!
信じらんねー。どうしてくれるんだ、ねえちゃん、おうおうおう。
ってゆっか、出来てる記事UPするだけどはいえ、
朦朧とした頭でブログ更新しちゃだめですね!
もちろん仕事じゃないのでバックアップなど取っていません。
がっかりだ……。
内容、頭に入ってはいますが、とてももう1度書く気にはなれません。
非常に申し訳ないのですが、この3回目にて
企画打ち切りにさせていただきたいと思います。
誰が悔しいって、俺ですよ!
ワニ園に居るオオバタンのこと載せたかったのに……うううう。
3回目までで本園・植物園は終了していますので、
すみませんがここで勘弁して下さい。
ゆかいな生き物の写真だけ、トップ画像に置いておこうかしら……。