あらためましてこんにちは?(11/15)

今日はきっと「初めまして」の人がいつもより多いはずです。
本日配布のフリーマガジン「L25」に、巻末エッセイを書かせていただきました。
発行部数の多さにびびってます。
……が「R25」同様首都圏限定の配布なので、
首都圏以外の人にとっては何のこっちゃ、なんですよね。
実家に電話して「『L25』に書くことになった!」と報告したんですが、さっぱりでした。
えーと、私なりに説明すると、「L25」は
首都圏で働く女性をターゲットとした無料マガジンです。
職場でのお喋りの盛り上げ役になる、のが狙い……かな?
他人と共通のネタ帳みたいなもんだと認識しておけば、間違いはないはず。
首都圏以外でどうしても読みたい人は、リクルートのサイトで注文すると
370円の送料で届けてくれるので(フリーマガジンなので本誌は当然0円)、
ネットオークションで送料込み370円以上で落札すると損になります!
定期購読もあるからね!>実家
えーと……これから私が吉田修一さんと交替で
巻末を担当していくことになりますので、よろしくお願いします。
「なんで○○さん(←お好きな若手女性作家の名前を入れて下さい)じゃないのよ!」と
思ってらっしゃる方、すみません。
思春期の頃の特技が「給食おかわり」と「校歌熱唱」だった女子力ゼロの私です。
むしろ旅に「小型全国時刻表」(厚さ2.5cm)を携行する男子力の持ち主です。
今一番欲しいものは「Wii」です。繰り返します。一番欲しいものは「Wii」
「やさぐれるには、まだ早い!」というエッセイを書いていくわけですが……
一応自分なりに目標がありまして、それは「お説教はやらない」。
フリーテーマでエッセイを書くと、どうしてもお説教になりがちですよね。
(フリーテーマだと愚痴がでやすい→愚痴において自分を正当化するとだいたい他者への説教になる)
でも……「L25」を読む年齢層において、私は一番下なわけじゃないですか!
ベテラン作家からならともかく、小娘に説教されても困るでしょ?
誰が聞くか! と思いますよ。
なので、ネタにこまっても「最近の若者は……」とか「女子として……」みたいな
お説教は書かないようにがんばろうと思っています。
基本的には、今回のように気楽なお喋りっぽく行くつもりでいます。
読んだあとさらに「どうよアレ!」ってお友達とのネタにしていただくのが理想。
居酒屋で隣に座った女がなんかへんなこと喋ってたぞ、くらいの存在感のエッセイでありたいです。
よろしくお願いいたします。
あ、ちなみにこのブログは「告知板」の名が示す通り、
さして面白いことは書いてません。
「L25」経由でいらっしゃった方は
「この人最近他にどんな仕事してんの?」って興味が湧いた時だけ、
アクセスしていただければじゅうぶんかと思います。
ここでエッセイを書いたりしているわけでもないし。
……ほんとの意味でタダの娯楽はないんだぜ!(たぶん)