掲載情報(12/4)

今日の東京は銀杏の散り具合がすごかったです。
風が吹かなくても葉が降ってくる状態で、
交通量の少ない並木道を車が通ると、その後に黄色い葉が
くるくる回りながら流れるのが面白かった、きれいだった。
やっぱり来世は銀杏で決定
今月の掲載情報まいりま〜す。
1日 進研ゼミ高校講座 高1&高2「My Vision」
   連載エッセイ「大人のホンネ 〜進路と仕事の超・現実〜」
6日 「ダ・ヴィンチ」1月号 連作ショート「初恋素描帖」(最終回)
12日 「Feel Love」vol.2 読み切り小説「あさなぎ」
13日 「L25」連載エッセイ「やさぐれるには、まだ早い!」
13日 単行本『リリイの籠』(光文社)
27日 「小説推理」2月号 読み切り小説「十四歳の融解」
末頃 「星星峡」1月号 読み切り小説「銀縁眼鏡と鳥の涙」
『檸檬のころ』収録短篇「雪の降る町、春に散る花」の朗読劇をAKATSUKI projectさんが上演予定。
8日(土)@南阿佐ヶ谷のようです。
パンフレットに鑑賞文を書かせていただいた映画「眠り姫」
渋谷ユーロスペースにて公開中です。14日まで。
15日〜28日まで、シネマアートン下北沢で続映が決定済みです。<5日加筆>
某情報誌に載っていた“中学入試(国語)での作品使用ランキング”で5位でした! 私が!
今年の頭から春にかけてやたらと申請が来たので
「『入試大賞』があったらいい線行くな……」と思っていたのですが、
ほんとにいい線行ってたみたいです。
もうこのまま教科書とかに載せてほしい(暴言)。
6年国語における伝説の教材「赤い実はじけた」の跡を継ぐのが私の野望です。
(伝説だよね? 同年代で教科書が光村の人はわかるよね?)
全国の少年少女を、議論もままならぬほど恥ずかしがらせたい!
そして成長してからはあまずっぱい思い出として時々反芻していただきたい!
「あんなことで恥ずかしがってたなんて……うふふ、私も小さかったものだわ」
ふちが日に焼けたラクガキだらけの教科書……そこにアタイの文。うんまさに野望!