個人的2007年まとめ(12/31)

こんばんは。
生えっ放しだった風呂の黒カビを必死で落としました、豊島ミホです。
更新したばっかですが、今年のまとめということで別記事に。
もうっ、どこから今年なんだか……ブログでいうと「山の神今井の話」からですね。
07年の読み初めが啄木の歌集と伝記だったんですが、
これがちょっと縁起悪すぎた気がします(万が一縁者の方が読んでいたらすんません)。
バッドエンドの伝記って初めて読んだ
逆に言うと「この人生で後世に伝えられているのはある意味すごい」ってことですが。
なにもしてない!! この人なにもやりとげてない!!
野望だけは山ほどあったようですが、それがすべて泡に帰している。
小説家になりたかったらしいです(短歌はたわむれ?)。
「夏目の虞美人草なら1ヶ月で書ける」っていう大言壮語は一生忘れないと思います。
似たようなことを口にしないように一生気をつけたいという意味です。
今年の目標「古今の名作を読みまくる」はあんまかなえられませんでした。
量がどうしても読めない……でも読んだものはすごく好きになれたと思います。
去年学習したことを生かして、好きだと思えるものしか読みませんでした。
この調子で好きなものを集めていこう。
仕事はめちゃめちゃ反省すべき点が出ました。
毎年年末は「自分全否定まつり」なんですが、今年は一番ひどかったです。
書くものっていうか書いてる姿勢がダメだ、みたいな。
詳しくは載せる気で文章にしてみたんですが、
あまりにヘビーな弱点すぎて、1日置いたら秘す気満々になりました。
したがってここには書きません……。私のテキストファイルにのみ残します。
弱点告白はやめといて。
私生活で今年始めたことは地味に面白かったです。
「L25」のエッセイに書きましたけど、アナログカメラとか。
「重いでしょ」とか「フィルム交換めんどいでしょ」とか言われるんですけど
おもちゃカメラは重くないです。フラッシュ外付けだから、電池ないぶんデジカメより軽い。
あと、フィルムが無駄になると思うと愛着のあるものしか撮らないし
構図も考えるので、結果としてデジカメの画像よりずっといいものが上がってくる気がします。
(とかって、実はまだフィルム4本分しか撮ってませんけとね!)
生まれて初めて「写真ってすごくね?」って思った!
カメラなんてもとはといえばただの黒い箱で、電池も入ってないのに
目の前のものがそのまま残るんだぜ!! ありえねーーー!
実は、カメラを買ったきっかけはカメラの出てくる小説を書いたことでした。
今出てる幻冬舎のPR誌「星星峡」1月号に「銀縁眼鏡と鳥の涙」という短篇を書いてます。
かなり限られた書店にしか並ばないものですが、機会のあるかたはぜひ
(そのうちアンソロジーに収録される予定です)。
先輩と後輩の話@高校にしよ→個人競技系文化部にしよ→美術部は使い過ぎたから写真部にしよ
みたいな軽い気持ちで設定したんですが、バカなことに
自分で書いた小説に影響されて「カメラってなんて楽しそうなんだ」と……。
でもそれくらいナチュラルな気持ちで書けたと思います。でへ。
07年中、この告知板としまにお付き合い下さった皆様、ありがとうございました。
今年も大言壮語が結構あったような……ぜひ記憶から消しといて下さい……。
そして08年もよろしくお願いいたします。
今年と似たようなペースで新刊が出ていく予定なので、そちらもお願いします。
しまったー読み初めの本を準備してなかったよー!
今日書店で調達するか、DS文学全集の中から選ぶかする!
08年はばりばり出世した作家の本で始めたいと思います。