ショッキングに発売中(3/19)

『Re-born はじまりの一歩』というアンソロジーに参加させていただきました。
20日発売と聞いてましたが、東京の書店にはもう並んでいるようです。
今なら実業之日本社の書籍紹介ページの一番上から詳細に飛べます。
が、一応執筆陣だけ書いておきますと、
伊坂幸太郎さん、瀬尾まいこさん、中島京子さん、平山瑞穂さん、
福田栄一さん、宮下奈都さん(以上五十音順)+わたくしです。
……ていうかね。
私はさっき書店に行ってきたんです、本日発売の「ハチミツとクローバー」の画集を買いに。
そこで平台での『Re-born はじまりの一歩』の減り具合を目にし、ショックを受けました。
売れるってこういうことなんだなあと。
売れる人の本っていうのはこのスピードで減っていくんだなあと……。
執筆陣のうち誰が販売力の軸(だと私が思った)かはもちろんここには書きませんが
私でないことだけは確かです。
正直初版部数を聞いた時信じられませんでした、
そんなの自分の単行本はもちろん、文庫やアンソロジーでも聞いたことがありませんでした、
「えー大丈夫なの?」って内心ちょっと思ってました、
でも的確な読みだったんだなあ!!!!!
ほぼ同時発売の私の新刊『花が咲く頃いた君と』も入荷されてました。
棚差しで1冊だけどね☆
めげてない全然めげてないよ!
もし『Re-born(略)』で私の短編を気に入ってくれたかたがいらっしゃいましたら
ぜひ新刊『花が咲く頃いた君と』もお願いいたしますですよ!
ハチクロのイラスト集最高でした。カラーがたっぷりです
羽海野せんせいの世界を思う存分堪能できます
絵を描くっていうのはこういうことなんだなって
どこにもない世界を自分の手でつくりだすことなんだなって思いました
……。(まだショック受け中)