掲載情報(6/25)

というわけで角川文庫から再録アンソロジーが発売になるよ!
タイトルは10代のための新名作 君が見つける物語 スクール編です。
私の収録作品は『檸檬のころ』から「たんぽぽのわたげみたいだね」です。
発売予定日は本日25日、地方によって誤差あり、です。
私も半分以上読みましたが(今読んでる途中ですが)
正直「10代」って広くとったな……と思いました。
本が好きな11歳から、本なんて触りたくない16歳辺りまでが
メインターゲットかもしれません。
高校生で本好きとかだったら、自分で好きな本を探すほうがいいかな!
なにしろ全ジャンルごった煮、みたいな感じなので。
いや、ごった煮状態を否定するわけではなくてですね、
本当に「本読めって言われるけど、何読めばいいのか見当もつかねーよ!」
みたいな人には、ごった煮こそいいんだろうなと思います。
実際私は10代のころ、一般文芸で何読めばいいのかわかんなすぎて
小6から高2くらいまでラノベラブ☆ だったし!
(まーそれでいいじゃんって気もするんですけど)
「スクール編」のほか、「放課後編」も同時発売、
たぶん他のテーマも順次刊行されていきます。
お楽しみに!(自分はここまでなので無責任に言っとく)
しかし、再録アンソロジーってもっとあってもいいと思いませんか。
まあ漫然とつぎはぎ再出版状態になったら気持ち悪いでしょうけど!

とかは、書店で見て
素敵だなって思いました(すみません読んではいません)。
こういう、骨組みがしっかりしてて水準も高そうな
アンソロジーなら、いっぱい読みたいですけどね。
権利とかめんどくさいことがあるんでしょうか。
私は今回なにもめんどくさいことはありませんでしたが
(他社の文庫に再録をご快諾下さった幻冬舎さんに感謝します)。
今日からの角川さんを皮切りに、
各社「夏の文庫フェア」が始まるようですね。
地方でも各社100冊並ぶのかな~?
東京を出て初めての夏フェアなので、店頭がどうなるのか気になります。