掲載&新刊情報(8/1)

さっきまで網戸に蝉がとまってました。
そこでビリビリ鳴かれたらどうしよう……
てか全然動かないけどいいの? 寝てんの?
まさか死んでるんじゃないでしょうね!
とかいろいろびくびくしてたんだけど、気づいたら
一声も鳴かぬまま消えていました。
8月か……。
掲載情報行きます。
毎週火曜日 「週刊アスキー」連載小説「廃墟の女王」
22日 新刊『初恋素描帖』(メディアファクトリー刊)
25日 アンソロジー『恋のかけら』(幻冬舎刊)
27日 「小説推理」10月号 読みきり小説 タイトル未定
28日 「L25」 連載エッセイ「やさぐれるには、まだ早い!」
※月末の「星星峡」連載は、今号お休みをいただきました。
「廃墟の女王」は8月いっぱい+ちょい続きます。
もう少しばかりお付き合い願います。
「L25」は途中長めの夏休みが入るそうですよ!
まる3週読めないところがあるとか。いち読者としてはさみしいですね。
さて新刊告知です。
上にも書きましたが、『初恋素描帖』が22日に発売予定です!
初恋教信者でなおかつ教室ウォッチ狂の私が書いた、
中学2年生20人の恋模様です。もち20人は同じクラスです。
端的に言って「中○生日記」が恋愛に特化されてるだけかも。
でもこういうのが書きたかったんだもの……。
架空のクラス名簿をつくるところから始める! みたいなのが。
「好きな人」が、隣の席の子だったり部活の先輩だったり
テレビの中のアイドルだったり、20人分さまざまではありますが
「初恋は最強の恋!」というのが一応私の中では軸になってます。
“淡い”とか“ピュアな”とかが
世間では「初恋」の枕詞になっていますが、
初恋当時ってほんとにそうか? 違うだろ!
初めてなんだからもうそんなこと言ってられないような
全力疾走をしたはずだろう!!(アクションできないなら気持ちだけでも!)
「淡い恋」なんて大人になったから言えちゃう言葉じゃないか。
にくしみを知り欲望を知り汚れた世界へ飛び込むのが初恋じゃないか。
と私が思うのは、リアル初恋日記(by中学生の自分)が手元に現存するからです。
淡くねえよ……
黒いBの芯で書かれているよ……
っつーか、このブログでは以前書いた気がするんですが
三人称での克明な記録だからねまず……
ま、それそのままは使わないですけど(むろん)
日記に込められた空気を生かした
思い出エンターテイメント(またそれか、)になっているはずです。きっと!
発売日が近くなったらまた告知します。
よろしくお願いします。