香り食べもの(4/12)

発売日から少々遅れた告知になってしまいましたが、
本の雑誌5月号「2009年、私の仕事(予)!」という特集に
今年の仕事(予)を書かせていただいております。
この特集、同業者と編集者が一番重宝がってると思うね……。
(作家の予定をリアルタイムで知って得するのは、その辺の人だけなような)。
私も読みたいけど、もう引っ越し先に送ってもらうことにしちゃったので、
今手元にありません。引っ越したら読みます。

     

     

新年度ですね。
学校が始まった先週、買い物帰りに、真新しい制服を着た
いまいちさえない男子三人組(おそらく高1)とすれ違ったら、
ちょこっとだけ会話が聞こえました。
「……徹底的に口きかないよなー」
「女子こえー」
……がんばれ!
と思いつつちょっとウケちゃったよごめん。
まあ私も男子こわかったからさ! 徹底的に口きいてもらえなかったからさ!
でも今生きてるからだいじょうぶ!!

     

     

あと、最近は「香りのする、緑のもの」にハマってます。
セロリとか。あとローリエ。
ローリエを煮込み料理に入れることを最初に考えた人は天才だと思う!
私は初心者のくせに、トマト系煮込みとなると必ずローリエを入れたくなります。
てか入れます。あの独特のにおいがたまんない。
でも、興味で直接嘗めてみたら、まずかったです。
「興味」ってやわらかめに言ったけど、愛かも。
あっやっぱ嘘かも。
セロリは、カレーを作る時最初に、
下ごしらえした鶏肉と鷹の爪、それから椎茸&こんぶと一緒に入れて
ダシを取るんだけど(カレーに椎茸&こんぶは完全にオレ流)
このダシがちょーうまくて、感涙もので、
アクを取ってからそのおたまで何度も「味見」してしまいます。
滋味っていうの? それぞれの栄養が味になってしみ出してるのが
わかる感じ! 飲むとごぞうろっぷに染みわたる!
正直カレーにするの勿体ないくらい(というか私のカレーはあんまうまくない)。
で、なんとかこのままの味を生かしてスープにできないかと、
一回そのダシ+塩とかで野菜スープを作ってみたんだけど、
何故か全然おいしくなかったのでした。
ダシはダシであって主役じゃないんだな……と感じた瞬間でした。
でもやっぱりあの味を生かしたスープが飲みたい!
こして、汁だけで味わうしかないのかな。
私はそれでいいけど、家族に出したら
「こんな味のないものスープじゃない」と言われそう……。うーん。