すれちがいと感想文とか(8/24)

こんにちは。豊島ミホです。
インフルエンザの大流行がふたたび報道され出した日の朝から
喉が痛く、微熱が出てきました。
次の日病院に行って軽く隔離されつつ検査受けました。
診断:夏風邪\(^o^)/
まあ普段スーパーくらいにしか行かず生活してる私が
他の人より先んじてインフルエンザにかかるわけがないんですが、
ちょうど先週の日曜日に「HACHI」を見に遠出したところだったので一瞬涙目でした。
遠出した時、だめもとですれ違い通信(ドラクエの)したら
意外なことに3人引っかかって、わー秋田でもわりといけんじゃん!
と思ったけど、すれ違い通信が成功するくらいの感じで
インフルエンザういるすも広がってんだなと後で想像したら怖かった。

発売中の小説現代9月号の、
「思い出の絵本・心に残る児童文学」というアンケート企画に
参加させていただきました。
これは選ぶのもひとの回答読むのも楽しかったです!
好きな“小説”について語る等のアンケートだと
正直ついていけねえ……と思うことが多いのですが
(去年の「文藝」作家ファイルの時とか。100人分読んだけど気が遠かったよ)、
今回はキャッキャしながら読めました。
「これいいよね〜」とか「この本選んでるのはいったい誰?!」とか。
私も絵本時代は……絵本時代まではついていけてたんだよ! 「本の虫王道コース」に。
でも読書感想文を強要されるようになった小3で脱落しました。

小・中・高校生のみなさん、感想文の宿題はお済みですか……。
小学生が主人公の連作小説『夜の朝顔』、集英社文庫より発売中です。
高校エッセイの『底辺女子高生』(幻冬舍文庫)などもよろしくお願いします。
と言いつつほんとは事件ノンフィクションが一番感想文書きやすいんだぜ。
と耳打ちしたい。
著者の主張が明確に打ち出され、本慣れしてない人も誤読しないように出来ていて、
なおかつ書かれたことのインパクトが強いため「感想」を抱きやすいからです。
読物としては、個人的に白黒つけられすぎたものって面白く感じないけど、
そこまで行かないグレーゾーンの面白さが出てるノンフィクションといえば
森達也の『A』(角川文庫)とか。オウムをなんと内側から見た話で興味深いっす。
私は大学時代に読んだんですが、高校生くらいなら余裕で読めると思います。おぬぬめー


女神の果実ぜんぶ集めました。
ガングロ妖精に「マジ時間かかりすぎ!」みたいなこと言われました。
今ナザム村だけどプレイ時間50時間。やっぱかかりすぎですか?
そして果実を集めた後の展開に絶句……(ネタバレなので一応慎みます)
なんだそりゃ!!
あと果実集め後半がなんか……前半に比べて印象が薄くて残念だった。
逆に言えば前半がすごい印象濃かったってことだけど。
前半3箇所も涙目イベントあったおれ!
(ベクセリア、ビタリ山、サンマロウ)
特にサンマロウは、色々ツボだったので、涙で液晶が見えない状態www
ビタリ山は地味ながらよかったよね……。
ボス倒した後のガングロ妖精の台詞と、
○○○○○に戻ってみた時の人々の台詞にかんどうした
(本筋に関係ないので、台詞が変わるとは思ってなかった)。
FFは自分たちが主人公だけど、ドラクエは通りすがりの人たちが主人公だよね
(どっちがいいってわけじゃなしに)。
なんだかんだ言われててもドラクエらしさは健在だと思ったー
ちなみに今のパーティーは
バトマス+レンジャー+魔法使い+僧侶 です。
前のふたりがレベル23で、あとのふたりがレベル32と開いてしまって
いったいどうしたらいいのか(泣)
てけとーに転職してもどうにかなると思ってた私がばかでした。
もうクリアまであんまり距離無いよね?
あと防御がなんとも言えず紙なんですけど……!
パラメータが底上げされるスキルにポイント振って改善を目指してるところです。