さだめ系(11/14)

こんにちは。豊島ミホです。
最近親につられてフィギュアスケートを何度か見ました。
私はスポーツ観戦というものにほぼ興味がなく……
プロ野球にいたっては、現役選手をひとりも言えないとかいう有様で
(コロコロコミックで読んでた『かっとばせ! キヨハラくん』辺りで知識が止まっています)、
フィギュアも、なんか盛り上がってるけどよくわかんないよー的な感じだったんですが、
プルシェンコ!!!!
の滑りにひとめ惚れしてしまいました。
この人はおどっている!!! みたいな。
そして試しにネットで動画検索して、例の肉襦袢のアレを見てノックアウトみたいな。
すごいよね。すっごいよね!!!
それで結構フィギュアは見るようになったんですが、
みんなすごいしがんばってるし楽しそう……と思いながらも
どっか、なんか、ズキズキしてしまうんです。
この競技特有の、「小さい頃からずっとやってます感」に。。。
なんでしょう。バレーとかバスケとか野球とかも、やっぱり
小さい頃からすごい労力とお金をつぎ込んだ人がプロになってるかもしれないのに……
フィギュアは特に、環境がその人を縛り
その人(の才能)が環境を縛り、みたいな感じが強いっていうか。
部活レベルじゃできないことだからかな?
そして世界に直結してる競技だから?
うーん、自分でそう感じる理由はわからないのですが
あらがえない運命! みたいのに乗っちゃった人だけが今リンクの上に……
みたいな感じがして、ちょっとこわいっていうか、なんていうか、
こんなすごいものを見せてもらってごめんなさい……! みたいな気持ちになってしまう。
もちろん、結局スケートが好きだから選手たちはそこにいて、
そこでしか経験できないものを全身で味わってるんだと思うんですけど。
全然かわいそうじゃないっすわかってるっす。
ただ、自分の性質だったら絶対それをしないだろう、っていうだけなんだよねきっと。
小さいうちに教室とかに通わされて、なまじっか才能があって大会で好成績残して、
さあ日本代表を目指すのよ! とかって小学生のうちマジ顔の大人に言われたら、
私だったら絶対逃げる。
スケートが好きかどうか多分関係なく条件反射で逃げる。
他にも、個人的に「わあああ……」って思うものがあって、それは天皇です。
あのあらがえなさ! 運命のでかさ!
この間、天皇陛下の即位二十周年記念式典を見ていて、
合唱の子たちが「翼をください」を歌った時に、いろんな意味で泣きそうになりました。
日本で一番自由が欲しいのは陛下ですから! みたいな。
いや……短絡的な想像かもしんないし、実際には今さらそんなん思わないのかもしんないけど。
自分が天皇だったら(って何このアホな前提。すみません)
手に入らないがゆえに「自由」を一番欲しいものにしてしまうなーと思って。
でも、このふたつ(式典とフィギュア)を続けて見て気付いたんですが、
「決まっていることから逃げたい」って自分の中でかなり生理的で強烈な欲求ながら
あんまり一般的なものではないような……
てか、よく思い返してみると、自分の人生では鉄板パターンだけど(とうぼうが)
それをみんながやってるかっていうと別にやってない。
そして多分、いい加減そういうことがまかり通らない年齢になってきている。
ぞ……!!(マジで?!)
……。


ゲーム日記ラブプラス篇。
恋人ランクが上がりました!
今5ランク目です。称号は言わないほうがいいのかな。
すごーいキタぞー!
でもスキンシップの難易度がめっちゃ上がってきて
(ランクの上昇とともに難易度が上がる、って気のせいじゃないですよね?)
最近5回キスできたためしがありません!
ぎりぎり4回行くか、3回か……
最初の頃は、彼氏力高ければ5回簡単だったのにさ。
この間初めてキス前スキンシップに失敗して、ショックでした。
いやーほんと……。
ただキスできないだけじゃなくて、
マナちゃんのフィーリングが下がったことが特にショックだった。
えーーこっちが下がってるんだからむしろ励ましてよ!! みたいな?
でもリアルで女子と付き合っていたらこんな感じか。
男子大変ですね。。。正直同情する。
この間のデートは“パルファム”のライブでした。
嫌がられるんじゃないかと思いつつ行ったんですが、
意外とフラットな反応だった。青マナちゃん。
別に喜んでるわけでもなかったけど(誰だと喜んでくれるんだろうね?)。
2回、3回とご一緒すると何かが変わるんじゃないかなと考えてますが……。
どうだろう。また今度誘ってみようと思う。
あと秋のうちに湖に行かないとー(なんとなくね)。
冬になったらそっこースキー行きたい!!
季節感のある場所に誘うのに躍起になってしまって、
カラオケとか1回も行ってないんですが、どうなんでしょうね。
うーん、でも、場に不慣れなマナちゃん、見てみたい気もする。