新刊出てるよ情報(12/9)

こんにちは、豊島ミホです。
新しいエッセイ集『やさぐれるには、まだ早い!』が先週発売になりました。
『リテイク・シックスティーン』もあわせて店頭にあるはずなので、
よろしくお願いいたします……。
『やさぐれ〜』は、しつこく書いてしまいますが
「L25」での同名連載を1冊にまとめたものです。
加筆修正あり。数本そっと落として数本そっと入れてます……。
連載は地元に帰るところで終わってますが、
単行本には帰った後の話が2本ほど載っています。
今回の装丁は、『夏が僕を抱く』に続いて、泉沢光雄さんです。
スマート&カジュアルな装丁をありがとうございました。
ここに画像載せませんが、まっさおな空の下、冬の公園を歩く
女の子の写真が使われています。
たくさんの候補写真の中で、これは空の面積と色が印象的でした。
新刊とまた別の話ですが、光文社のPR誌「本が好き!」1月号の特集、
「22世紀に遺したい1冊」に、短いんですが1冊紹介させていただいてます。
またかよ! って感じのセレクトですが……。ごめんなさい。
でも好きなんだ。
「本が好き!」はこの号をもって休刊になるそうです。
なんていうか、新しい感じのPR誌で、私は好きだったんだけどなあ……。
大きい書店のレジ前等に置いてあるはずなので、興味ある方は
お手にとってみて下さい。
毎月10日くらいが配布日なような……今日だとまだ無いかもしれません。
てか、最終号にこのテーマっていうのがいいよね。
本って遺すために本の形で存在しているんですよね。
消費されるために在るんじゃないよね……。

      

      

先週に引き続き、2009年振り返り系の記事を書くよ。
今日はマイベスト☆マンガを紹介します。
てか、いつもだったら、
なんのベストを決めてもマンガだけは決められない、
マジでかんべんしてください! って感じなんだけど。
今年も好きなマンガが多すぎてどうしよう、
まず『バクマン。』と『3月のライオン』がすばらしかったし
(この2作品って並走で相乗効果が出てるような……気のせい?)
こないだ出た『駅から5分』の最新刊も超よかったし
短編集では『P.S. アイラブユー』が、涙で目の前が見えなくなったし、
地元に帰ってきたばかりの頃1巻から読んだ
『雨無村役場産業課兼観光係』もやばかったし
あと『バラ色の明日』の最終話がああああ……
もう、もう、こんなに(気持ちを)もらってばっかりでごめんなさい! 
ってな具合で、一番なんて決められないのです。
(あれっ、『ピース オブ ケイク』の完結も今年?! やばいなー今年!)
決められないは決められないんだけど、
今年は突出して読み返しまくった本があったので、
それを紹介させていただこうかと。
紡木たくさんの『マイ ガーデナー』です。

これ、実は2007年刊行の本なんだよね……。
私が入手したのも今年ではなく08年で、
今年初めて読んだ本ではなかったんだけど。
でも、ほんとにいっぱい読んだので。
私は紡木たく年だった! 今年は!
短編集に入ってる「17の午後」と「隆司永遠」が特に好きで、
もーあほみたいに読み返して。
どっちも……核だけ取り出すと同じような話な気がすんだけど(笑)
でもその核が好きなの。
すごい力があって、でもその行き場が定まってない男の子が出てきて
主人公は彼が無事翼を持って飛んでいくまで見てるの。
「マイ ガーデナー」でもその基本路線は残ってると思うんだけど、
これは発展系っていうか……
女の子サイドにもっと目線を寄せた話で。
そういう、憧れの男の子を持ちながら
自分も自分で飛ぶ力を得るっていうか。
抽象的な紹介だなーごめん!
でももうとにかく、自分にとって大事と思えることが詰めてあって、
こんなに詰めてくれた紡木先生ありがとーと思う。
サンタさんのパンパンの袋みたい(笑)
これからもたくさん読みたい本です。
てか紡木ファンは読むべき!!
最新作なので、時代設定も(もちろん)平成になってるのに
中身は余裕で紡木たくなのがすごい……。
主人公が携帯持ってても、ミニスカの下にジャージはいてても
『ホットロード』となんらかわってない空気感がそこに……!!
でも、重要なとこで男の子が公衆電話なのは
後で考えたらちょこっとだけウケたけどw
やっぱここは譲れないんだ、携帯じゃだめなんだって。
版元さんが小さいらしく、なかなかふつうの書店には置かれていないので
(私は結構マンガに強い本屋さんで探したんですが、
 とうとう店頭では見つけられませんでした)
興味もった方は、積極的に手に入れようとしてみて下さい。ぜひ!
※本文が長文すぎるので、ゲーム日記は1回お休みです。