Google+始めてますなどなど(7/23)

こんにちは。豊島ミホです。
昨日、「文芸あねもねR」の収録にお邪魔してきました〜。
といってもまだ私の番ではなくって、三日月拓さんの「ボート」の収録でした。
田中敦子お姉様の素晴らしき朗読! を生で堪能してきちゃいましたよー!
今回おひとりで朗読をされた敦子さんはじめ、
立ち会いの井上喜久子お姉様、スタッフの皆様の
プロフェッショナルぶりには驚愕を通り越してポカーン( ゚д゚ )でした。
収録が始まってすぐ「時計の音入ってるから止めたほういいね」、
「さっきからハ行がふくのは
 (「ふく」ってなんだろう? 息の音が風みたく入るってことかな)
 マイク位置が悪いみたい。調整しよう」などなど……。
全部私には聞き取れませ〜〜〜ん!!!
あと、イントネーション問題がすごく難しかった!
一応そういうののチェックのために私も居たのですが
みなさんが迷うシーンでも、何が正しいかさっぱり(T▽T)
というわけでお力添えできたかは相当怪しいのですが、
配信されたらお知らせします☆
せめて宣伝でお力添えしたい……。

 
ところで、先日チラッとお話したGoogle+(GoogleによるSNSサービス)に
アカウントつくった件についてまだちゃんとご説明してなかったんで、改めて。
Google+始めました〜ヽ( ´ ∀ ` )ノ
(そこからかい)
アカウントはこちらです。
これ、↑プロフィールじゃなくて、投稿を見られるページにリンクしてるので
ここさえブクマしていただければ、別にGoogle+に参加しなくても
私の投稿を見ることはできます(記事は「一般公開」で書いてるので)。
+に参加してフォローしていただいても、いただかなくても、見える記事は同じです。
じゃあこのブログと同じ存在じゃん? Google+をやる意味は何?
ってことですが、
なんだろー、電子書籍とかデジタルモノの話題を
もっとマニアックに展開できる場所があってもいいかなーと思って……。
ここはアナログ派(≒デジタル嫌い)のお客さんも結構いらっしゃるので
あんまり電子電子した話題ばかりだと嫌われちゃうかと
遠慮してたところもあり。。。。
逆にGoogle+は、参加してる人たちはもうバリバリのデジタル派ばっかりですからw
そっちでなら喋ってもいいかなって!
でもわかりません……どれくらい喋るか……
方向性も変えるかもしれないし……
まだ試運転って感じです。
とりあえずパブーで動きがあった時の告知は必ずGoogle+に入れようと思ってるくらいで。
他の展開は不明。
投稿が少なくなって自然消滅したらごめんなさい!

そしてグープラ(←Google+、私は心の中でこう略してることが多いです……)と一緒に
ちゃんとお知らせしてないままだったのが、パブーにあげたエッセイについて。
あれ、ちょっと前にブログ記事として書いたやつだったんですけど、
文章的にあまりにも浮くな〜と思ったんで。
ぱぱっとPDFにして、簡易電書っぽくパブーにあげてしまいました。
0yenです。パソコン上で読んでいただけますし、ダウンロードもできます
(どちらかというとダウンロード推奨かしら……)。
お気軽にどぞー。
こういうのこそePubにして、みなさんのePub体験に使っていただきたいんだけど、
今、私の愛用する制作ソフトが致命的にいかれてまして(´;ω;`)
何故かまったくわからないけど、新規ePubが作れない状況です。
「グラジオラス」「結晶」の作り直しまでは大丈夫だったんだけどなー?
エッセイの内容は、昨年、同人誌『A+』に寄せた短編
「晶子の息子」の裏話的な感じです。
小説を読んでからエッセイを読むと、
あの話のどこがノンフィクションだったのかわかります・笑
読んでなければないで、普通に1本の話として読めるようになってますので
ご心配なく……。
ちなみにこのエッセイは、あくまでブログの延長というか、
「超おまけ」的な存在なので、定期更新とか次回の予定とかはないです。
またぽろっとあったらあげるかも、ですが。

なんか今回告知だけですんません。
もわっと……してる最近……
5月末から続く何かから抜けられてナーイ