転職完了! もしくは プレゼント(9/26)

本日2本目の記事です。
とつぜんですが! 転職完了のご報告をさせていただきます。
わたくし、豊島ミホ、当面 ライター としてやっていくことにいたしました……!
今までさんっざん肩書き不明でフラフラ……
「ぜったいバイトするー!」と言ってしなかったり
インディー出版サイトでまんが連載したり同人誌で小説書いたり
でも何故か別マの読者ページに居座ってお悩み相談コーナーと
イラストポエムコ〜ナ〜をやらせていただいてたり……
どこの! ドラ娘なんだよ!
っていう感じでしたが(こうやって書き出してみるとほんとに……誰の二世だよてきな)、
やっと。。。
なんだろう。。。
「この道でやっていってみよう……少なくともやっていってみようとしよう!」
っていうのを。決めました。
いや今まで決めてなかったってこともないけどね?
まんが家になりたくてフラフラしていたんだけどね?!
でも去年から別マで少しずつライター的なお仕事をいただくようになって、
書き起こしやインタビューの作業をやっていたら……
たのしくて……
特にテープ起こしとかがちょう楽しくて……
同じ話を2回聞くんだけど、2回聞くとすごい面白〜〜い! って思って……
もっと色々インタビューしたい!
て気になりました。
だからあれです、ライターといっても、コラムとかそういうのじゃなくて
「ひとさまのお話を文字に起こしてまとめる」
というのがしたいのです!

実はこのブログでは、相当前から細々とそういう話してました……。
文芸あねもねでトークイベント@名古屋をやった時の、
Q&Aが一番古いのかなぁ。2011年の8月。(こちら
最近だと、8月3日付けの記事でグズグズ言ってましたw
直接的に書いてるのはここです。
2012年5月の記事。
 私は、
 (1)絵を描きたいっていうか絵がもうちょっとうまくなりたい
 (2)なにかをわかりやすくすることを仕事にしたい それで社会に噛みたい
 (3)そしてもーちょっと人に会いにいきたい
    (自分の中だけで完結する仕事は少なくしたい)
 です!

って書いてた……。
そうやって時々希望として頭に上がってきてるにも関わらず、
「んじゃライターになろ。」とスルッと行けなかったのは、
やっぱり不安だったからですかね……。
人と会わなくていいような生活があまりにも長かったし
(それって小説家としてもなんか間違ってるけど多分)
その前の学校生活ではむしろ「人はこわい!」って叩き込まれたほうだったし、で。
「この世の誰も私には会いたくないのだ……本当は」
ってナチュラルに思ってたし、今でも、
自分は居るだけで周りに不快感を与えているのではって
不安になったりするし。
だから、「人に会うような仕事なんて、今すぐは無理……」
「何か人間的に成長wしてから……」
「その成長wは、う〜ん、まんが家になることでだんだん……」
とかって思ってたけど。
たけど……なんだ……
テープ起こしが面白すぎて、「今、この道を取らないと!」っていう気になってきた。
こ、ここまで言っていいのかわからないけど、
自分が人のためにできることってこれなのではないかな? って……。
極端な話ですけど、何か大事な人とか、尊敬する人とか、
そういう人に、お金に換えられないプレゼントをするとして……
(つまり押しつけ前提として・笑)
「あなたのためにまんがを描くよ!」とは言わない気がする。
やっぱ1番に
「なんでも書き起こしますよ!!!!」って言う気がする。
今の私は、プレゼントしたい順に
1)2万字インタビュー
2)似顔絵
3)占い
くらいかな……www
まんがも別に「その人の体験した出来事を聞いて簡潔なまんがにする」とかだったら
できる気がしますけど、創作するっていう形では、無理だと思う。
ましてそれをすばやく大量にやるっていうことは実力的に完全に無理だと思うwww
仕事というのは……プレゼントなのではないだろうか!!
自分から! 世間への!
「あげるよ!」って言えること!
いや最初からそんな上から目線、give目線じゃないですけど。
お納めいただければ幸いですすみませんみたいな感じですけど。
最終的には……って意味で。
なんか、仕事ってなんだろうってニート化してからずっと考えていて、
そのために自分を我慢しなければいけないことかな? とか
逆に、我慢しなくてもいいようなことが仕事なのかな? とか思ったりもしましたけど、
我慢するとかしないとかより……もう……
私が好きなあなたに受け取ってほしい! ってことが。仕事なんだと思う。
あーしは今 書き起こしを受け取ってほしいです……!
人の雰囲気とか意見とかを できるかぎり整理して文字に起こすよー! て思ってます。
だから、言ってしまえば、小説を仕事として続けられなかったのは、
それを「プレゼント」にできなかったから ではないだろーか。と思います。
「受け取ってほしい!」まで行けてなかったなって。
「受け取りなさいよ!」
「受け取らないってんだったらもう何もあげないわよ!(怒)」みたいな……
ツンツンな態度だったww 
(いやいや自分にとってはプレゼントだったよ! って思ってくれてる人いたら
 ほんとにありがとうございます(´;ω;`) そしてすんません……)

えっと長くなってきてますが、そういうわけで、
私はこれから ツテをたどって 新人ライターさせてくれるところを
探します。今お仕事させていただいてる別マ以外でも!
8月3日付けの記事では「恋バナを聞く仕事がいい!」って言ってますけど
それに限らずw 広く探します。「仕事」に関するインタビューでも大丈夫だと思います……
(仕事だって、よく考えたら、その人と仕事との化学反応だよね。出会いだよね)。
「宣伝事項を短くまとめる」とかよりは多少、「ちょっとどうなるか見えない」くらいの
インタビューのほうが個人的には向いてる気もしつつ。。。
イラストとまんがは、記事の添え物程度なら&頼まれたら描きますという感じです……。
文章とセット押し売りするつもりはないので大丈夫です。
本職の方を差し置いて「私の絵を使ってよ!」とかは絶対言いません!
今のところ、書籍より雑誌のほうが好きなので、
本出したいとかって欲求はないですけど、
大好きな「モテ本」だけは出したいな! いつか\(^o^)/
もちろん私名義の、ってことじゃなくて、モテる人のお話を構成した本ってことですよ?!
いつかと言わず来年出したいくらいのいきおい……。
私はモテる人のモテる話信じる!

この記事からいっぱい 自分のブログ内にリンク貼っちゃってすみませんが
最後にもうひとつだけ……去年12月の記事
この記事が、潜在的にはこの選択と繋がっているかなと自分で思いました。
私の仕事の根っこって、多分「創作」とかじゃなくて
「記録/整理/保存」なんです……。
だからそれを、他人に向けたい 
他人の形を 残る形で/広く認知してもらえるように 残したい
っていうのが〜
今の希望です!!