お☆ま☆じ☆な☆い(12/31)

はい大晦日です。さすがに2013年最後の記事です。
みなさま今年も拙文読みにきて下さりありがとうございました!
もう「俺の日記帳」みたいな感じなのに……ありがとうございます!
楽しくお年越ししてね!

今年最後の記事は先日の音楽バナ2013の補足です。
新譜じゃないけどよく聞いていた曲。

中村一義『対音楽』から 「おまじない」
これね!
ほとんど今年のマイテーマ曲って勢いできいていました。
去年のアルバムですね。
10曲の中で、この「おまじない」が全然意味わかんないながらも
1番心にひっかかる曲だったんですよね。一聴した時から。
ほんと抽象的な上に飛んでる歌詞なので、よかったら読んでみてください
goo音楽 歌詞ページ
なりたい自分に会いにいく……みたいな部分は 普通にわかると思うんですよ
(まあそれだけでもすごいいいイメージだけど)
でも 自分がパラレルで進む? 時間軸自由? みたいなイメージが
最初あんまぴんと来なかった……。
「え、何?」「何ですって?」「もう1回言って??」みたいな。
その辺が今年1年でだんだん。わかるようになりました。
まあ中村さんご本人的解釈と違う解釈をしているかもしれないけれど。

ちょっと音楽と離れた話になるんですけど
なんかね! だんだん 過去の願い事を可視化できる気がしてきた
……のです個人的に(またぶっとんだ話ですんません)。
高校生の自分は 未来の自分に助けて欲しかった
それを叶えにいけた
……みたいなことを、9月の記事に書いているんですけど。
なんかあの時期を思い返すと本当に 
過去の自分に会ってきたよーな感じがするんですよね。だいぶ不思議な感覚。
単純に あの過去があるので現在がある……的な
左から右=単純な因果関係みたいな話じゃなくて
「助けてーー!!」って思ってる時点で もうある意味
自分が助けにきてくれる未来を呼んでる。
左と右、過去と未来で呼び合ってる。
……気がするっ!!!!! 
したのっ!!!
だからこっち(未来側)で「行くよ!」って返事したらもう
それが 願いが叶うっていうことなんだな〜って。。。
……すいません引いてない? 引いてないですか??
大晦日なので思い切って、ふだん書かないようなことを書いちゃってますが。
えーっとだから、そういう目で過去を見渡すと、
「次、私ーーー!」って呼んでる自分がいるわけですよ。
それは助けてとか深刻なやつじゃないけど。
「将来こうしてた〜い!」って言ってる子だけど。
「未来の自分に迎えにきてほしい」度の高い子が見えるわけすよ!!
たとえるならば
願いは柱の形をしていて、遠くからでも見えるようになっている。
くらい「あそこ!」ってわかる。
なんか、「時間」のとらえ方が 今までは1次元的、直線だったけど
なんとなく 平面のような感覚になってきた……。
それが私の中では、「おまじない」っていう曲の
歌詞につながっていくんです。
あの歌詞の中では時間が2次元だから。
てことは現実は4次元

もう飛び過ぎなんでやめますか。。。
でもマジな話、私は来年迎えにいきたい子(ある点上の自分)がいる
次お前っていうの決めてる。内緒だけど。
今年は潰したほうの願いもあったしね……。
それはでも潰すとかいうほどのネガティブイメージでもなく
草むしり的に片付ける感じです。
「マンガ家になりたい!」がなくなったらやっぱ
ぴーぴーさわいでる子どもの自分の半分くらいは居なくなった。
でもあと半分残っている……
し、これから未来に対して自分が発信してもいいわけですよね。

ぶっとんだ話はこのくらいにしときまして、
もうひとつ音楽絡みで今年面白かったものを紹介しますー!
インタビューが面白かったで賞を
高橋優くんにあげたいですwww

このアルバムのリリース時のインタビューを。
あれで聴きました。J-WAVEのTOKYO REAL-EYES
月間インタビューで、4回くらいに分けて放送されたんだよね。
別にこの番組はいつも聴いているわけではないんですけど。
FoZZtoneが出た時録音したら一緒に録音されていた。みたいな感じだったんですけど。
したがって4回中の2回くらいしか聴いていないんですけどwww
それでも面白かったー!
なんかだいぶ心いたむ赤裸々トークもありました。。。
上のアルバム収録曲のうち、「CANDY」についての話がさ……。
歌詞これ
だいたい同じ世代の同じ地域で育ってきているんで
(でも会ってはないです! 絶対会わない感じの通学経路になってます)、
この曲に関しての話はもう ひぎあああーーーーー ってなりました。
同級生のかわりに土下座したいくらいの感じになりました。
でも一番記憶に残ったのは「スペアキー」の話で。
DJさんが「いっつもこんな感じなのですか。(恋人と)別れる時に」って訊いたら、
優くんは普通に「はい」って。
それに対してDJさんは「えww ドライですねwww 僕はもうちょっとあれだけどなぁ」
みたいなことを言ったんだけど
違うだろ優くんめっちゃやさしいいやろおおおおおお!!!!!
って思いました。
ほんとに毎回こんなふうに別れてるんだったら。
むっちゃいい男だと思うよ私は。
だって悪役ひとりでしょってくれてるもん。
正直私はこの歌でこっぴどく振られる女の子がうらやましい。
「あんのクソ男がーーー!!」って思って次に行けるわけじゃない。
それが一番いいじゃない。
どっちみち次に行かなきゃいけないのだから。
それ前提の……大変思いやりがあるラブソング
(もう別れの歌じゃなくてラブソングの域)だと私は一聴して思ったんですけど。
ぐぐってもそういう解釈を見つけられなかったのでちょっと戸惑ってますw
DJ琢巳も! そこ気付いて突っ込んでほしかったよ!!
その消化不良感でも今年一番心に残っちまったインタビューだったwww
でも優くんの喋ることは面白いです。
曲もいいです。
ぶっちゃけ2枚目のアルバムまであんまり気に留まってなかったんですが
今回で好きになりました。

まあ音楽に関してはそんな感じです。
今年もミュージシャンのみなさま素晴らしい楽曲とライブをありがとうございました!
2014年もよろしくお願いします☆
来年はもうちょっとライブ行きたい……かな?
そしてミュージシャンじゃなくリアル生活で関わって下さった皆様……
今年もありがとうございました!
なんかもういつもご迷惑ばっかりおかけしているような気がして。。。
申し訳ないです。
私はいつか……人の役に立つ人間になれるのだろうか。
基本的に。自分がいいようにしか動いてないから。
そう動きたい衝動が10割だから。
このまま人の役には立てないんじゃないだろうかって正直最近不安です。
く、くらい……
このままだと暗いトークで締まってしまう……!
でも2013年も仕事で関わって下さったみなさんや友達のみんなのおかげで
楽しかったです!!
こないだふと「今年も楽しかったな。」って思いました。
あと、ほんとに記事の頭に書いた通り
今年もこのむっちゃ私的なブログを読んで下さった皆様
ありがとうううございました!
いくら自己中の私でも、アクセスが0になったらブログを書かないと思う。
だから、こうやって好き放題書いていられるのも、
みなさんが読みにきて下さるおかげなのです。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。