青春と性春(5/22)

というわけで上にさらっと初回の告知してますが
月刊の官能小説誌「特選小説」
インタビューをさせていただけることになりました☆
まあ毎月とは決まっていないんですが……。
最終号記念でご依頼いただいた「Feel Love」をのぞくと、
初めての別マ以外での仕事です>< 
もどってきたぜ……
エロ業界!!
いや見習いライターふぜいで業界もなんもないんですけど。
しかもこのコーナーは企画部分を担当さんがやって下さってて
(ありがとうございます……)、
私はほぼ純粋なる「聞き手」なのですよね。
というわけでまだまだ見習いな感じなのですが、
本当にエロに戻れて嬉しい! うぅ……!
「見習い」からレベルアップしていけるようにがんばります。

ちなみに「特選小説」は結構ソフトな雑誌です。
こんな雑誌。ってリンクを貼ろうとしたら
「アダルト商品のためライフログには登録できません」
と出たよ。
18歳以上のあなたは気が向いたらネットで表紙見てみて下さい。
今月号の表紙のおんなのこめちゃかわいい。
官能小説誌っていうと……監禁! 陵辱! みたいな感じかと
最初は思ってたんですけど、「特選」は全然ですね。
「官能は大きく二つに分けると、『陵辱』と『誘惑』が
 あるんですが、うちは『誘惑』の専門誌です」

って初回打ち合わせで担当さんが説明してくれたのですが
それだけで「なるほどね!」と思いました。
なんか……なんか知らんけどこんな美女が俺を求めてるッ………
ハァハァ みたいな。
そういうお得な感じ。
嬉しいドリームな感じ。
あと、女の子は若ければ若い方がいいのかと思っていたら、
実際にはもうちょっと上のヒロインが多かったです。
ならしてアラサー。くらいかな……。
若すぎると未熟で男側がリードしなきゃいけなかったり
主人公も同時に若くならないとリアリティが薄まったり。
してしまうところ、
アラサーくらいだと。
年上からでも年下からでもイケる!
適当に性欲も余り気味でリアリティがある!
経験も積んでテク豊富! 
といった具合に美味しいところが多いのだと思います。
私と同じ30代前半が、「特選」じゃばっちりメインだよ!><
しかしまあ、「婚活中のアラサー」とかは出てこない。
そこはあくまで(ほぼ)「アラサーの人妻」になります……。
うん……。
だよねうん……。
なんかごめん……。

とか色々書いてみても、まだまだ
私とエロという組み合わせに違和感持たれる方もいらっしゃるかと思います。
私も目次見て、コラムメンバーの中に自分の名前があることに
「まじかよ」って思っちゃいました。いっしゅん。
私は嬉しいけど、やっぱなんか浮いてるんじゃないかとか。
でも私の名前知らない人のほうが世の中には圧倒的に多いんだし
ライターとしてはほんとにひよっこもひよっこなのだから、
これから浮かなくなるようにがんばりたいよ!
特選小説のみなさま、よろしくお願いします。
そして同じペンネームでの執筆にあっさり許可を下さった
別マ編集部のみなさまにも感謝します!(なんて寛容なんだ……)
もちろん別マの仕事もいただける限り続けもす!
青春と官能の二本柱が……
両立するといいな!
小説家では両立が難しかったけど、ライターだと
小説家ほどの爆難易度ではない気がする。
なんか知名度とか上がらなくていいから
自分が好きな2ジャンルをこっそり並行させられるポジションでいたい……
でも余計このブログに何を書けばいいのかわかんなくなってきました。
少女まんがとエロを平然と同列で語り続けてていいんか。
そこを橋渡しする要素を……足さないといけないのではないか。