与える男(1/29)

こんばんは、豊島ミホです。
結婚報告の記事はすごくアクセスしていただいたのに……
更新をサボっていたらまた過去記事(「溺れるナイフ」の感想)が
一番読まれてる記事になってる\(^o^)/
やばいので更新しよう\(^o^)/

相変わらず……夫が……好きです!!(なにこれ)

今日とか。
出勤する夫を部屋のベランダからこっそり見送って
かっこよさに奥歯をギリギリしてました。
遠すぎて豆粒サイズにしか見えなくても……かっこいい! 
あの超早歩きで遠ざかっていくの……かわいい!

しかし、幸せいっぱい、目に映るすべてがお花畑〜♪
って感じでもなく、
なんか色々、びっくりしてる感じです。
こんなに人のことを好きになったりできるのかー。とか。
他人と暮らすって、ひとり暮らしと何もかも違うことだなー。とか。

いや〜、ふたり暮らしになってから振り返るひとり暮らしって……

マジさみしい……(小声)

いや、南さんがこないだのブログで書いてたように
私が誰に対してとりつくろおうともせず
わびし〜いシングル生活をしていただけかもしれないのですが
(正月に築40年4畳半の東京の部屋に残りひとりで初詣に行く等)
(の他には休日にあらかわ遊園まで歩いていって羊と戯れる等)
(真冬の上野公園を一周した後おっさんの群に混じって池を眺めている等)
もうちょっとお金があって時間を埋める努力をしている自分を想像してみても
やっぱり、今の世界から覗いた感覚では、
だいぶさみしく……感じる……

これは同居を始めた当初に考えていたことで、
もっとはっきり言語化できているうちに残しておけばよかったのですが、
「与える」「分ける」
っていう概念がない世界、
だったように感じるのです、自分がひとり暮らしをしていた時の舞台のことを。
断っておきますがもちろん! 「自分が」だからね!
ひとりで暮らしてても、友達のためとか、本当に人のためになる仕事とかに
めっちゃ時間とお金をかけている人もいると思います……。
でも私はそうじゃなかった、
ほぼ純粋に、自分ひとりを生かすために、時間やお金を使っていたので。

だからこー 婚活中に自分が付き合う相手というのを考えた時にも
あんまり気前のいい男の人の像が浮かばず……
せいぜいが「一緒に外出や旅行を楽しんでくれる人」くらいで
本当の意味で、私に何かを与えてくれる人っていうのは
この世にはいないんだろう。って思っていました。
んー その婚活グルグル期に。去年の5月とかに。

なんか、今思ってることを20問くらいの質問で
ばーっとあぶりだせるやつがあって……
(今探そうとしたけどでてこないわあ。本じゃなくネットで見た)
B5の紙5枚だか6枚だかに手書きでべしべしべしっと
回答を書いていったんだけど、そこで
「与える男」
っていう言葉が出てきたのよね……。
私みたいなスペックでは、時間であるとかお金であるとか
その人の「持ち物」を、与えてもらうことができないのでは?
「与える男」が見つけるのは、もっとかわいい女の子なのでは?
みたいな。

でも裏を返せば、
本当は「与える男」がいいな。って
自分の中では確信していたってことなのよね。。。

お金がある人がいーとか
時間(それもやっぱり元をたどるとお金の余裕?)がある人がいーとか
そういう話じゃなく。
大して持ってなくても他人のために使える人は使えるだろうし、
どんだけ持ってても使わない人は使わない。
私は他人に使える人のほうがいいし、
自分もそうなりたい……と……
たぶん思ったと思います。。。
そうなりたい……の後に、
でも私が何を他人に与えられるというのだろーみたいな
不安が即座くっついてきたけれども。

結果的には、夫はすごい惜しみなくなんでもくれる人で
それは金銭とかの話ではなくて
前の記事の「カバンを持ってくれる」みたいに
ひょいっとなんでもしてくれるー
減るとか減らないとか考えないでぱっとやってくれる! のです。
だから私もできる限りはざばざばざば! って!
生活を回すためにどんどんしましょうって! かんじ。
まあできないこともありますけど……(;▽;)
「ああしてもらったから、これくらいは返そう」とか
「あれしてくれないから、私もあれしてあげない」みたいな
ケチ根性はもうさよなら!! 
という気持ちで暮らしています今は。

結婚って、与え合いなのかもなーと思います。
それによって、自分も何かは使ってるはずなんだけど、
「減った」とかいちいち気にしない。
どこまで使っても回っていく感じというか……
うまく言えないよ!

ともかく私は、夫のおかげで
自分以外の何かに労力を使うことを知れたので。
余計夫が好きなのかもしれない。

いやごめんまとめすぎました
別にそういうのなくても私の夫はかっこいいです。

どうでもいいけどこの間「夫 なぜ かっこいい」でぐぐったら
「なぜブスな女に限って自分の夫はかっこいいと自慢するのですか?」
とかいう知恵袋だか発言小町だかのスレッドが上のほうに出てました。
その件に関してはスマンとしか言えない。

<おまけ>

多分すごい前(3年前くらい)に書いた
「結婚とは」「最高のパートナーの条件は」
っていうのが引っ越しの時出てきました。
今上げないと一生上げない気がするので上げときます。


見づらいですが

結婚とは
・お互いの人生にできる限り協力していくよっていう宣誓。
・ある程度は人を縛るもの。
・とりあえず未知のリョーイキ(笑)。
・たぶん意志だけでは決めらんない、えらべないコト。

最高のパートナーの条件は
・愛情があること(私の固有性に)。
・「ありがとう!」って言ってくれること。
・くつろぐ環境がにてること。
・肌が合うことww。
・言葉が通じること。
・心が生きてること。

……だそうです。
結婚のはるか遠くにいるわりにはわかってた。
気がする、今見ると。

リズ山崎さんの『My Life』っていう、
山ほどの質問に答える系セルフヘルプ本からです。
質問に答える系大好きな人にはオススメ☆