ムックに記事を書きました。

こんにちは豊島ミホです。
最近長くかかってた仕事がおととい終了し昨日はぱーっと遊びにいって
今日も……まだ……遊びたい! ってなってる不良主婦。
でも雨が降っているのでとりあえずブログを書き始めた次第……。
あ、昨日は「羽海野チカの世界展」@池袋西武ギャラリーに行きました☆
最終日だったので、紹介してもあれなんですけど……ごめんなさえ……
大好きなイラストたちを原画で堪能してきました。
感想はちゃんと感想ノートに書きましたので割愛(はぁと)
下の写真は、おみやげに買ったイラストブック☆ 
一枚一枚しっかりめの紙で、はがせるようになっていて、
フォトフレームとかに入れて飾れるんですよ! 
1400円でこれ。大盤振る舞いすぎやで。。。


開いたページ左のイラスト、大好きすぎてスケジュール帳に貼ってた。。。
なんかのおまけでシールがあったんだよね〜。YUKIちゃんのシングルかなぁ。
スケジュール帳を変えるときにさらに剥がして日記帳に貼り直した!
右のふきんは帰りに池袋西武で買ったクローバー柄ふきん
で、会場で売っていたわけではないです。
普通にふきん買いにいったら、ちょうどクローバー柄があったので、つい。

とかっていつまでも雑談してられない。告知でーす!
このムックに参加させていただきました!
Amazon | 中高生からのライフ&セックス サバイバルガイド (こころの科学増刊) | 松本 俊彦, 岩室 紳也, 古川 潤哉, 豊島 ミホ, 東藤 泰宏, 上岡 陽江, 今 一生, 前川 浩子, 白濱 洋子, 宮崎 豊久, 渋井 哲也, 佐々木 亮平, 谷 晋一郎, 中野 有沙, 今井 伸, 平良 愛香, 上村 茂仁, 紅音 ほたる 通販
ライフ&セックス……サバイバル?! どんな本?!
ってなるかもしれませんが、こちらの詳しい目次

中高生からのライフ&セックス サバイバルガイド。松本俊彦氏。岩室紳也氏。古川潤哉氏。日本評論社は1918年創業。法律時報、法学セミナー、数学セミナー、経済セミナー、こころの科学、そだちの科学、統合失調症のひろば、など評価の高い雑誌を定期刊行しています。
を見ると感じがつかめるかと。
1)心理学の本を多く出版している日本評論社さんが
2)中高生に向けて、
3)身近なメンタルヘルスまわりの問題と、その具体的な対処法を集めて作った

……本、と説明すればいいですかね。
色んな分野の筆者さんが、おひとり15枚くらいのボリュームで原稿を書いています。
タイトルで「中高生からの」と謳っているだけあって
専門家の先生たちもやさしく読みやすく書いていらっしゃいます。
私は「いじめ」の担当でした。
いじめについて、被害当事者に向けてのメッセージを書いて欲しい、
というご依頼をいただいて、いじめ被害と価値観についての話を書きました。
昨年出版した、『大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル』
内容的にはかぶってくるんですが、
その中から15枚で言えることを整理して取り出した感じの原稿になっています
(岩波書店さんから許可いただきました。ご快諾ありがとうございました!)。
いじめって、事態そのものをどうするかということも大事ですが
目に見えないところ……被害者のこころへの長期的な影響、っていうのも
もぉちょっと。表沙汰になってもいいと思うんですよね……。
でも私は専門家でもなんでもないので
(今回の稿では「経験者」という立場で語っています)
「世の中もっと、こうすべき!」みたいなことは言えない。
ただ、今いじめの被害に遭っている子や、
いじめが通りすぎてもその影響から抜けられない子には、
パイセンとしてこれ言わないと! あれも言わないと! みたいなことが
色々あったんで、その辺書かせてもらっています^^
「パイセンとして」って言っても、もちろん説教じゃないですよ!
ここ……覚えておくともしかしたら心的ダメージの値を減らせるかも、みたいな
ちょっとした裏技紹介w
うん、「先に似たようなダンジョン通った人の裏技情報」くらいの気持ちで
読んでもらえると嬉しいような内容です。
いじめ被害の長期的な影響、っていう話をすると、
「いつまでグダグダ言ってんの?」「もっとつらい目に遭ってる人いっぱいいるよ?」
「そんな性格だから……(以下矢継ぎ早のdis)」
みたいなこと言ってくるひと、ぜったいいる!
でもさ!
うるせえ!!(泣)
とおもうよ!
べつにこっちだって何かのせいにしたいとか思ってるわけじゃないんだよ!
ただ「はいいじめは終わりました立ち直って!」って言われても
こころが流血状態だから立ち直れませんてだけなんだよ!
すぐ立ち直れないことを「はいお前自身のせいお前だけが悪い」って言ってくる人は
なんのために言ってるの? どの立場から言ってんの? 趣味?
もうね〜〜〜〜^v^

このまま書いていると単なる怒りの発露になってしまうので
ムックの紹介に戻しますね……。
この『ライフ&セックスサバイバルガイド』の面白いところは、
「思春期におけるメンタルのピンチ」「セックス」「人と人とのつながり」
3種類の話題を並列で置いているところです。
ばらばら……なようでいて、なんかこー 根っこでつながってることであり
3つがそれぞれ支えあっているようでもあり。ですよね。
この本、保健室に置いてあったりすると
すごくいいだろうな〜〜と思います。
価格が安くない代わりに、話題が多岐にわたっている
(そして1こ1ことてもしっかりしてる!)ので、
個人で持って一気に読むっていうよりは、
保健室でみんなでちまちま……。
手に取りやすい、A5の教科書くらいのサイズです☆
私も保健室で読んだ本色々あるなあ〜
なぜかうちの高校の保健室では
上野正彦さんの『死体は語る』が人気だった!
(ん? 『死体は生きている』のほうかな? よくわからん)
保健室登校メンバー以外にすら貸し出されてたし
私もその本を一番覚えてるww
でも、あれ……? 今思うと、「保健室の本棚」って
普通、ある……???? うちの先生オリジナルのはからい……??