勉強つら……(8/16)

ぐちです。
タイトル通りです。

勉強してます。
英語を。かれこれ1ヶ月くらい。

7月のあたまくらいに「絶対!!! こんどこそ!!! やる!!!」ってなった。
きっかけは選挙でした。
投票より前に。空気を読んで。「……」ってなった。おおくはかたりませんが。(投票はちゃんといきましたよ。結果だいたいわかっていてもいくよ。)

この先は英語ができたほうがいいだろうな、とは。だいぶ前から思ってるのだよな。
子どもがいない時期の話だけど、夫が未翻訳のゲームとかを英語でばんばんやる人で、それを横で見てて、「日本のゲームがだめになっても、海外のゲームできればまだまだやるものあるな……」と思ったのがはじまり。(ゲーム界において面白い国内作品が激減したということは明らかすぎて、口にしても怒られまい)
ゲームと同じで、英語さえできれば、国内のアレがやばくなってもコレがやばくなっても、ネットに繋がるかぎりはまあなんとかなるんじゃないかみたいな。
もう本当に絶対自分のために、10年先も20年先もたのしく生きるために、英語をがんばろう。ペラペラとかは無理でも、読みものを7割読めるとこくらいまではなんとかがんばろう!

って決めて、最初はウヒョーーーーーイってハイテンションで勉強してたんだけど……
今つらい! もうすでにつらい!!!
全然単語があたまにはいらない!!!
「システム英単語」っていうとてもいい単語帳を買って(単に書店で平積みだったから買っただけだけど、じっくり読んだらうちら世代が使ってた単語帳より遥かにすばらしいかんじ)、子どもがお昼寝している時間にちょっとずつやってるんだけど、30個くらいおぼえたらキャパシティの限界を感じ始めた。reとかdeとかで始まる単語がおおすぎる。ちゃんぽんになる。(似てない? 単語ってもうぜんぶ似てない???)
もちろん単語だけじゃなくて「ラジオ英会話」もやってるけど、いつも英作文で「……!」ってなる。長い文章が頭の中だけじゃ作れない。
辞書を引いてもなぜか英語の新聞の見出しは読めない(今切実に読みたいのに)。
私が今ちょうど読めるのは『Frog and Toad』=『がまくんとかえるくん』。小2の国語教科書に載ってるやつ。。。とてもたのしく読んでいるんだけど、「小2か……」ってなる。
しかも「だったら〜」と思って小学校低学年用の動画を漁って見てみたら、音声がビタイチ聞き取れなかった。小2でさえなかった。

つ! ら! い!!!!!

しみじみと。勉強ってつらいんだなあ……つらかったんだな。と思った。
自分が何かをこつこつ積むタイプの勉強を一切してこなかったんだと思い知った。「秒で理解する」か「理解を放棄する」かしかしてないもんな。それで中学まではやれたけど高校はだめだったんだな。

子どものときからちゃんとこういうことしてる人もいたんだろうな……と遠い目になりそうだがそれはもう「自分が持ってないカード」の話になるのでやめとこう。
今日はこうしてお昼寝時間の単語暗記をさぼってブログを書いてしまった。でも宣言しとけばさぼらなくなるかなって。
私が『がまくんとかえるくん』よりむつかしいものを読めるようになるかどうか、どうぞ楽しみにしていてください……。

おそらくは大学時代から大事に使っていた電子辞書。勉強に使おうと思って引っ張り出した初日でベビーに破壊されました。でも新しいものを見てみたらとても進化していて、買い替え大正解だった。ありがとうベビー。